施設から脱走した孤児のクマ、成長しクマのおもちゃと水遊びする姿に「心が溶けそう!」(米)

施設から脱走した孤児のクマ、成長しクマのおもちゃと水遊びする姿に「心が溶けそう!」(米)

施設から脱走した孤児のクマ、成長しクマのおもちゃと水遊びする姿に「心が溶けそう!」(米)の画像

森林火災で火傷をした孤児の子グマは約1年前、大胆にも保護施設を逃げ出し森の中へと姿を消した。そのクマが今年5月、おもちゃのクマと楽しそうに遊ぶ様子が捉えられ「心が溶けそう」「元気でよかった!」と話題になっている。『The Dodo』などが伝えた。


米カリフォルニア州のレイクタホ南部で昨年7月、大規模な森林火災「タマラック・ファイア」が発生し、生後6か月だった孤児のヒグマが保護された。

子グマは体重11.3キロ(25ポンド)ほどで足の裏に酷い火傷を負っており、動物保護団体「レイクタホ・ワイルドライフ・ケア(Lake Tahoe Wildlife Care)」のスタッフが“タマラック(Tamarack)”と名付けケアを続けた。

ところがタマラックはその後、まだ傷も癒えないままの状態で施設を脱走、森の中に姿を消した。

怪我をした子グマが保護施設を逃げ出すのは非常に珍しいことで、同団体は昨年8月4日、Facebookにタマラックの写真を添えて「子グマはまだ足に包帯を巻いているかもしれず、一刻も早く居場所の確認が必要です」と情報提供を呼びかけた。こうして地元住民の間で一躍有名になったタマラックだが、その後は話題になることも施設に戻ってくることもなかった。

そして今年5月末、野生動物愛好家であるトゥジー・シルシュさん(Toogee Sielsch)がInstagramに小川で遊ぶタマラックの様子を捉えた動画を投稿したところ、再び注目が集まった。

実はトゥジーさん、自宅があるサウス・レイクタホの近くの森にトレイルカメラを設置しており、昨年8月以来タマラックの動きを観察してきたそうで、タマラックは自然の中でたくましく成長していたのであった。

投稿された動画は5月23日午後2時半過ぎに撮影されたもので、小川にやってきたタマラックは後ろ足を投げ出して座っている。そしてのんびりと水遊びを満喫している様子のタマラックだが、水中に沈んでいたクマのおもちゃを見つけると、まるで魚を追うように反応し、抱っこしたり水中に沈めたりと忙しそうだ。

トゥジーさんはInstagramに「タマラックは水浴びで楽しんでいる! あのクマのおもちゃがなぜあそこにあったのかは分からないけど、タマラックが近くの集合住宅に侵入して持ってきたのかもしれないね」と綴り、「タマラックの足親指の裏にはまだ火傷痕が残っている。普通、親指の後ろと足の裏の色は同じはずだからね」と説明した。

ちなみにこの動画には「まるで子供! なんて可愛いの」「心が溶けそう」「こんなに大きくなって、とても嬉しいよ」「タマラックのことはずっと気になっていたの! 元気でいることを祈っていたわ」「クマがクマのおもちゃで遊んでいるなんて!」「本当にキュート!」「この動画で今日はハッピーに過ごせそうだ」「次の投稿を待ってるよ」といった温かいコメントが多数寄せられた。

なお米サウスカロライナ州では昨年5月、州立公園のパークレンジャー夫妻の家の庭先に珍しい4つ子を連れた母グマが現れた。そして1年が経ち、5頭は再び同じ場所に姿を現して夫妻を驚かせていた。

画像は『Tahoe Toogee 2022年5月27日付Instagram「Rub-a-dub dub」』『Lake Tahoe Wildlife Care, Inc. 2021年8月4日付Facebook「COMMUNITY ALERT」、2021年8月1日付Facebook「Tamarack Update: Check out those new bandages!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)