期限切れの日焼け止め使用で熱傷を負った女性「使用期限を確認して」と注意喚起(米)<動画あり>

期限切れの日焼け止め使用で熱傷を負った女性「使用期限を確認して」と注意喚起(米)<動画あり>

期限切れの日焼け止め使用で熱傷を負った女性「使用期限を確認して」と注意喚起(米)<動画あり>の画像

先月25日、アメリカ在住の女性が期限切れの日焼け止めを塗った結果、酷い熱傷を負ってしまったとTikTokで報告して注目を集めている。女性の額は広範囲が赤くただれてしまっており、完治するのに2〜3週間もかかったという。期限が切れた日焼け止めを使うことの危険性を知った人々からは「こんな状態になっちゃうの!?」といった驚きの声があがっている。『The Independent』などが伝えた。


米イリノイ州シャンペーン郡サボイ在住のモーガン・ヴァカラさん(Morgan Vacala)は先月25日、自身のTikTokアカウントに「日焼け止めの使用期限はしっかり確認して」と記して1本の動画を投稿した。そこには額の全面がただれ、皮膚が赤くなってしまっているモーガンさんの姿が映っていた。

モーガンさんは昔から頻繁にボートに乗って海に出たり、プールで遊んだりと強い日差しを浴びてきたそうだが、ここまで酷い状態になったことはないという。モーガンさんのおでこは日焼けを通り越して熱傷の状態になっており、これは期限切れの日焼け止めを使ったことで化学熱傷(薬品による熱傷)を起こしてしまったものとモーガンさんは語っている。さらに「この額を見た医者の顔が忘れられない」と病院での診察を振り返っており、最終的にII度の熱傷と診断されて完治するのに2〜3週間もかかったという。

モーガンさんは「Banana Boat」というブランドの日焼け止めを使ったそうだが、どれくらい使用期限が過ぎてしまっていたのかは公表していない。同ブランドは日焼け止めの有効期限について「パッケージに記載された効果を発揮するためには、製造日から3年以内に使用し、指示通りに使う必要があります」とウェブサイトに記載している。

またアメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)によると、大半の日焼け止めの使用期限は2〜3年に設定されているという。基本的に容器の外側に記載されているが、明記されていない場合でも使用期限は3年と考えて使うように推奨している。

なおモーガンさんは今回の動画について昨年5月に撮影したものと明かしており、これから夏本場を迎える前に注意喚起の意味を込めて投稿したようだ。この動画は今月10日の時点で再生回数が540万回を超えており、コメント欄には「これは痛そう」「今まさに期限切れの日焼け止めを使おうとしてた」「全く同じ経験をしたことがある。私の額もこうなったよ」「こんなに酷い熱傷の状態になっちゃうの!?」など多くの人が期限切れの日焼け止めの危険性に驚いていた。

画像は『Morgan Vacala 2022年6月2日付TikTok「Reply to @katestachiw for reference this happened in central Illinois May of 2021」、2022年5月25日付TikTok「Don’t be stupid, check the expiration date on your sunscreen.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)