コヨーテの襲撃を受け果敢に戦う猫、柱にしがみ付き難を逃れる(米)<動画あり>

コヨーテの襲撃を受け果敢に戦う猫、柱にしがみ付き難を逃れる(米)<動画あり>

コヨーテの襲撃を受け果敢に戦う猫、柱にしがみ付き難を逃れる(米)<動画あり>の画像

アメリカ在住のある男性の自宅で今月9日、猫がコヨーテに襲われる瞬間を防犯カメラが捉えた。お腹を空かせた様子のコヨーテは食事にありつくために必死だったが、猫も食べられまいと威嚇してコヨーテを追い返そうとしている。最終的に猫は近くの柱に登り、かろうじてコヨーテの襲撃から逃れることができた。『New York Post』などが伝えている。


米テキサス州サーフサイド・ビーチ在住のトニー・グレイさん(Tony Gray)は今月9日、自身のFacebookアカウントに自宅の2階バルコニーに設置していた防犯カメラの映像を投稿した。午前2時12分と時刻が記された映像には、暗闇の中からどこからともなく猫とコヨーテが突然現れた。猫は毛を逆立ててコヨーテに威嚇しており、噛みつこうとするコヨーテに何度もパンチを繰り出している。

コヨーテはお腹を空かせていたようで、猫の攻撃に怯みながらも諦める気配を見せずに繰り返し噛みつこうとしている。猫はバルコニーにあったイスの下に身を隠したが、コヨーテはイスの下に潜り込みしつこく猫を追いかけた。イスの下で猫とコヨーテの激しい攻撃が繰り広げられ、猫は埒が明かないと感じたのか手すりの上に飛び乗り逃げ出そうとした。しかしコヨーテはそれを許さず猫のお尻に噛みついて引きずり下ろしたが、猫も負けずに噛みつき返してコヨーテの牙を振り払った。そして猫が再び手すりに飛び乗ると滑りながらもなんとか柱を上まで登り切り、見事にコヨーテの牙の届かない場所まで逃げ切ることができた。

柱に登ることができないコヨーテは悔しそうに猫を眺めてしばらくウロウロしていたが、最終的には諦めてどこかへ去っていった。猫はよほど警戒しているようで、コヨーテの姿が見えなくなってもすぐには降りず柱にしがみ付いたままだった。1分以上も柱に掴まったままの猫だったが腕が疲れてきたようで、最終的には柱から滑り落ちるようにしてバルコニーの外側に落下した。

この猫はトニーさんが飼っているわけではなく、投稿には「もう少しで誰かが飼い猫を失うところだったね」と綴られている。当時、自宅にいたトニーさんは猫を助けようとドアを叩いてコヨーテを追い払おうとしたが上手くいかなかったという。

この緊張感溢れる映像は注目を集めており、「可哀そうな猫だ」「コヨーテから逃げることができて良かった」「賢くて勇敢な猫だね」などのコメントが寄せられている。また映像の最後には、2階のバルコニーから猫が地面へ落下していく様子も映っていることから「猫は無事なの?」「猫がケガをしていないといいんだけど…」と安否を心配する声も多数見受けられた。トニーさんは「猫の無事が確認できたらまた報告します」とコメント欄で返信しているが、今も新たな情報は更新されていない。

サーフサイド・ビーチ警察によると同地域ではコヨーテによる被害が深刻化しており、テキサス州公園・野生生物局(Texas Parks and Wildlife)と協力して対策を練っているという。コヨーテ被害は同地域のみでなくアメリカの他の地域でも発生しており、昨年10月にはアリゾナ州で自宅裏庭に現れたコヨーテと対峙した猫が威嚇して追い返した瞬間を捉えた映像も話題を呼んでいた。

画像は『Chron 2022年6月11日付「Video captures cat heroically fighting off coyote at Surfside,Texas home」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)