怪我でリハビリを終えた子ザル、家族に迎えられギュッとハグ(南ア)<動画あり>

怪我でリハビリを終えた子ザル、家族に迎えられギュッとハグ(南ア)<動画あり>

怪我でリハビリを終えた子ザル、家族に迎えられギュッとハグ(南ア)<動画あり>の画像

怪我をした子ザルが保護され、リハビリを終えて家族に迎えられる様子を捉えた動画が『NDTV.com』などで取り上げられて話題となっている。撮影されたのは南アフリカのクワズール・ナタール州で、ベルベットモンキーの子どもと家族の温かいハグに、多くの人が癒されているようだ。


話題の動画は、クワズール・ナタール州ウムコマースでベルベットモンキーの保護やリハビリ活動を行う非営利団体「アンシジィ・ウムコマース・ベルベット・レスキューセンター(Umsizi Umkomaas Vervet Rescue Centre)」が2016年10月に捉えたもので、今月になってTwitterに投稿されて拡散した。

同団体を運営するトレイシー・ロウルズさん(Tracy Rowles)によると、子ザルは同州アマンジムトティのキングスウェイ高校の生徒から「脚に酷い怪我をしているサルがいる」と連絡を受けて保護した若いオスだそうで、“ピアース(Pearce)”と名付けられた。

当時、ピアースの捕獲には数時間を要したそうで、トレイシーさんは「ピアースの家族らは、ボランティアチームが若いピアースを傷つけるのではないかと酷く怒っていました」と当時を振り返る。

そうして保護されたピアースは、獣医の手当てを受けてレスキューセンターで怪我の回復を待ち、3週間後に自然にかえすことになった。

「ベルベットモンキーは何キロも移動するため、我々はその日数時間をかけてピアースの家族を探し、ある学校のサッカー場の建物の上にいる群れを発見したのです」と語るトレイシーさん。ピアースが家族と再会する様子は、ボランティアスタッフのナイジェル・ライトさん(Nigel Wright)により撮影されたものだという。

動画ではトレイシーさんがケージを開けると、飛び出したピアースは家族が待つ屋根の上に一目散に駆け寄っていく。おそらく母ザルだろうか、ピアースを見て近づくと屋根に上がるのにもたつくピアースをすくいあげ、そのままギュッと抱きしめている。するともう1匹がやってきて、ピアースを両脇からハグ、ピアースの背中は「ああ、会えてよかった。寂しかったよ」と語っているかのようである。

なおこの動画は今月10日にTwitterに投稿され、4日間で再生回数が110万回を超えており、「ケージから出た後、子ザルはスタッフを一度見ているよ。お礼をしているんだよ」「母ザルはもう会えないと思っていたのでしょうね」「もちろん、母ザルは我が子がすぐわかる。一番先にハグするのは母!」「あああ、会えて良かったね」「人間と変わらないよね」「地道な活動。救ってくれてありがとう」「家族のそばが一番だよね」「子ザルもホッとしているに違いない」「ハグが温かい!」といったコメントがあがっている。

ちなみにレスキューセンターの名前にもなっている“アンシジィ(Umsizi)”とは、南アフリカのズールー語で「助っ人」や「救いの手」を意味するそうで、同団体は10年以上もベルベットモンキーのレスキューを続けている。

画像は『Yog 2022年6月10日付Twitter「Rehabilitated wild monkey gets a huge hug from family when released..」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)