なんとも楽しい「二足歩行馬選手権」 大の大人が馬になりきり真剣勝負(仏)<動画あり>

なんとも楽しい「二足歩行馬選手権」 大の大人が馬になりきり真剣勝負(仏)<動画あり>

なんとも楽しい「二足歩行馬選手権」 大の大人が馬になりきり真剣勝負(仏)<動画あり>の画像

フランスのブルターニュ地方で「二足歩行馬選手権」という一風変わった大会が行われた。普通の乗馬とは違い、今大会では人間が馬になりきり競い合った。この競技は世界選手権も存在しているほどで、熱狂的なファンもいるという。大の大人がへんてこなコスチュームを身に着けて馬を真似る様子は一見シュールでもあるが、多くの笑いを呼び人々を魅了した。


フランス北西部ブルターニュ地域のコート・ダルモール県で6月4日、第1回ブルターニュ二足歩行馬選手権が開催された。大会には9チームが参加し、地域タイトルと世界選手権の切符をかけて各チームが奮闘した。『Franceinfo』などが報じた。

ブルターニュ初の二足歩行馬選手権では、1チーム6人で3種目の競技が披露された。競技の内容は全9チームが一斉に行うチーム障害物競走「壮大レース」、メンバー1人が馬の鳴き声を真似る「嘶き(いななき)」、そして「大会の女王」と呼ばれメインイベントである自由演技と課された図形を描く演技を各チームが行う「馬術競技」である。

なお二足歩行馬選手権では、仮装が義務付けられている。探偵のような衣装を身にまとったチームや修道女、ハチに扮した衣装などみなユーモアにあふれている。乗馬に使用される小道具の馬にも様々なデコレーションが施されており、各チームの個性が反映されていた。

大会には700人近くの観客が集まり、コメンテーターがテレビの実況中継のように大会の様子を伝えるなど終始大盛り上がりであった。5人いる審査員も楽しそうに採点を行っていた。

チーム障害物競走「壮大レース」ではハードルなど様々な障害物があり、参加者はパフォーマンスを交えながらゴールを目指した。中にはレースの途中で「フン」をするという実際の乗馬でもよく起こるハプニングを再現する者もいた。

馬の鳴き声を真似る「嘶き(いななき)」の種目では、リアルな馬の鳴き声に会場は笑いに包まれた。

大会主催者であるグザヴィエ・トレオレルさん(Xavier Tr?horel)は「ユーモラスで、アーティスティック、そして体を動かすのでスポーツ的でもある」と大会についてコメントした。

新型コロナウイルスのために3度延期された今回イベントは、元々王室専用の種牡馬育成場であった「ランバル・ナショナル・スタッド」という一流の舞台で開催された。

実はこの競技、フィンランドで生まれた「ホビーホース」という馬を使わない乗馬をモチーフにしている。近年、フィンランドの10代の女の子たちの間では、棒状の馬に乗るホビーホースが人気だという。エアギターの世界選手権開催地でもあるフィンランドでは、一風変わった娯楽が人気なのかもしれない。

今回の二足歩行馬選手権では、アンジェの農業高等学校チーム「Front de Lib?ration des Bourricots」が優勝した。またそのサポーターは優秀な応援が称えられて、熱心なリバプールサポーターを「コップ(Kop)」と呼ぶことから名前を拝借し「ベスト・コップ」賞を受賞した。2位には地元のチーム「Entre moules et chevaux」が、3位は「les Mireilles」が選ばれた。なお世界選手権は2018年から行われており、この3チームは2023年にフランス・ヴァンデ県で開催される二足歩行馬の世界選手権に参加することになる。

画像は『Cheval ? 2 Pattes – Championnat de Bretagne 2022年6月9日付Facebook「Ils ont enflamm? la piste par leurs fac?ties.」「Ils sont les 1er CHAMPIONS DE BRETAGNE de l’Histoire .」』『Ouest-France 2022年6月5日付「Lamballe. Le championnat de cheval ? 2 pattes sacre le Front de Lib?ration des Bourricots !」(OUEST-FRANCE)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 H.R.)

関連記事(外部サイト)