自分より大きなガラガラヘビを丸呑みするキングヘビ、捕食には秘密が(米)<動画あり>

自分より大きなガラガラヘビを丸呑みするキングヘビ、捕食には秘密が(米)<動画あり>

自分より大きなガラガラヘビを丸呑みするキングヘビ、捕食には秘密が(米)<動画あり>の画像

米ジョージア州で、自分よりも体の大きなヘビを捕食するキングヘビの姿が捉えられた。当時の様子を捉えた動画はSNSに投稿されて大きな反響を呼び、キングヘビならではの興味深い生態が明らかになった。『NDTV.com』などが伝えている。


米ジョージア州ハドックに住むトム・スレイグルさん(Tom Slagle、80)は最近、郵便受けのチェックをしようと外に出ると息を?むような光景に出くわした。

思わずカメラを回したというトムさんが捉えたのは、黒に白の細い縞模様が入ったキングヘビ(ナミヘビ科キングヘビ属)が自分よりも大きなシンリンガラガラヘビを丸呑みにする姿で、撮影開始時にはすでに獲物の頭から半分は腹の中に収まっていた。

動画では、大きく開口したキングヘビが伸縮性のある顎を動かし、シンリンガラガラヘビを少しずつ飲み込んでいくのが見て取れる。キングヘビは首を振っているように見えるが、襲われたヘビはすでに息絶えているのか全く動かない。

この動画をFacebookに投稿したジョージア州野生生物資源局「Wildlife Resources Division – Georgia DNR」によると、キングヘビはジョージア州でよく見られる無毒ヘビで、通常はウサギ、げっ歯類、両生類、カメの卵、トカゲや他のヘビなどを食べるという。また毒ヘビを捕食することでも知られているそうで、興味深い生態について次のように明かした。

「キングヘビは獲物の頭部近くを狙い、コイルのように巻き付いて締め付けます。そうして獲物に強い圧力をかけた後、頭から丸呑みにするのです。また襲ったヘビの体長が自分よりも長い場合、そのヘビを折り畳んでから飲み込みます。」

この映像を見た人からは「キングヘビがガラガラヘビを完食した後が見たいわ! ちゃんと動けるのかしら?」「ガラガラヘビはちょうど餌にありついた後だったのではないかしら?」「ゾッとするわ」「ネズミだけでなく毒ヘビを食べてくれるなんて、キングヘビはやっぱりキングだね」「うちの庭にも棲みついてくれないかしら」「こんな大きなヘビを食べた後はどのくらい食事をしなくて済むのかしら?」「毒ヘビを攻撃するなんて、本当に大丈夫なの?」といったコメントがあがった。

なおジョージア州野生生物資源局は、コメント欄の質問に「キングヘビは他のヘビに比べて活発で、小さな獲物の場合は1週間、今回のように大きな獲物の場合はもう少し長い間何も食べなくても大丈夫ですよ」と返答している。またキングヘビは全ての毒ヘビに対して免疫を持っているわけではないが、ガラガラヘビやアメリカマムシ属などの毒に対しては全く問題ないそうだ。

ちなみにタイでは昨年8月、牛1頭を丸呑みしたことで絶命してしまったニシキヘビが発見された。ヘビの体は大きく膨れ腹部が裂けていたという。

画像は『NDTV.com 2022年6月14日付「Video Shows Snake Eating Bigger Snake, Internet Says “King Got Him”」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)