自宅テラスで野生のクマに遭遇した90歳女性、椅子で威嚇し難を逃れる(米)<動画あり>

自宅テラスで野生のクマに遭遇した90歳女性、椅子で威嚇し難を逃れる(米)<動画あり>

自宅テラスで野生のクマに遭遇した90歳女性、椅子で威嚇し難を逃れる(米)<動画あり>の画像

アメリカ在住の90歳になる女性が今月15日、玄関前のテラスで寛いでいたところ野生のクマが現れた。クマが突進してきたため女性は咄嗟に近くにあった椅子を手にし、自分とクマの間に距離を作ったという。クマは女性の腕を引っ掻いたがそれ以上の攻撃はせず、連れていた3匹の子グマとともにその場を去った。女性は数針縫うケガをしたものの命に別状はなかったことを『New York Post』などが伝えている。


今月15日、米テネシー州セビアビル在住のアルシア・ウィリアムズさん(Altha Williams、90)が自宅玄関前のテラスでベンチに座って寛いでいたところ突然、野生のクマが目の前に現れた。アルシアさんは「外に出てから2〜3分も経っていなかったですね。クマは私の声が聞こえたようでこちらに向かって突進してきました」と当時を振り返っている。

近づいてくるクマを見て咄嗟に立ち上がり近くにあった椅子を手にしたアルシアさんは、自分とクマの間に椅子を移動させ、椅子を揺らしガタガタと音を鳴らして威嚇した。目と鼻の先まで近づいてきたクマはアルシアさんの片腕を引っ掻いたが、それ以上の攻撃はせずにその場を去った。その後、近所の人に助けを求めてすぐに病院に向かったアルシアさんは、引っ掻かれた部分を数針縫うことになった。

同地域の近くには「グレート・スモーキー山脈国立公園(Great Smoky Mountains National Park)」があり、45年間この土地に住んでいるというアルシアさんはクマの姿を何度も見かけているが、通常はクマが人間を恐れて逃げ出していくという。また昨年も子グマを3匹連れたクマを見かけたそうで、「あの時と同じクマかもしれません。でもこれまで攻撃してくることはなく、私を見ると逃げ出していました」とアルシアさんは今回のクマの行動が珍しいものだったことを明かした。

「テネシー州野生生物資源局(Tennessee Wildlife Resource Agency)」の広報担当者マット・キャメロンさん(Matt Cameron)は「アルシアさんがクマに対して取った行動は、普段まさに我々が伝えているクマの対処法でした。体を大きく見せて大きな声を出し、騒ぐことでクマを威嚇するのです」と話しており、クマと対峙した時の適切な行動をとったアルシアさんを称賛した。

なおこのクマはアルシアさんを襲った後に近くの住民の家を襲撃し、その家の住民は所持していた銃でクマを撃ったという。テネシー州のガイドラインによると、住宅地のような人の多い場所にクマが現れ人間にケガをさせた場合には安楽死させる以外に方法はないそうだ。マットさんは「私たちは個人的な感情だけでクマを安楽死させているわけではありません。人間にケガをさせてしまったら、クマを移動するだけでは済まされないのです」と同州のクマの対応について語っている。

画像は『New York Post 2022年6月17日付「90-year-old Tennessee woman Altha Williams fights bear with lawn chair」(WVLT)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)