「一目惚れだった」ヘアカットを施したホームレスに恋した女性、2年後に結婚(メキシコ)<動画あり>

「一目惚れだった」ヘアカットを施したホームレスに恋した女性、2年後に結婚(メキシコ)<動画あり>

「一目惚れだった」ヘアカットを施したホームレスに恋した女性、2年後に結婚(メキシコ)<動画あり>の画像

このほどメキシコに住むある夫婦のラブストーリーがSNSでシェアされ、人々の心を温かくしている。妻は夫と出会った当時、ホームレスだった彼に一目惚れしたという。『The Mirror』『LADbible』などが伝えている。


メキシコ、ミチョアカン州ヌエボ・サン・ファン在住のルス・イェセニア・ジェロニモ・チェルナさん(Luz Yesenia Geronimo Cerna、30)が先月21日、結婚して11年になる夫フアン・メンドーサ・アルヴィサールさん(Juan Mendoza Alvizar、31)との馴れ初めをTikTokに投稿したところ注目を集めた。

ルスさんとフアンさんが出会ったのは2009年のことで、当時のフアンさんはホームレスだった。彼はコンビニエンスストア「オクソ(OXXO)」の駐車場で車を洗車することで小遣い稼ぎをしていた。ルスさんが投稿した動画には、フアンさんが寝泊まりしていたゴミが山積みになっている空き地のような場所が捉えられている。

そんなフアンさんに、ルスさんは「ヘアカットをさせてもらえないか」と声をかけたという。そしてフアンさんの汚れた顔を綺麗にしてヘアカットを施したのだが、見違えるように素敵に様変わりした姿にルスさんは驚きとともに彼に惹かれるものがあったようだ。

さらに容姿だけでなく、フアンさんは厳しい生活環境に置かれているにもかかわらず他人に気遣いができる姿に惚れ込んだという。ルスさんはメディアのインタビューに応じ、このように振り返っている。

「一目惚れだったんです。彼に初めて会った時、人々に対して親切に接していたんです。そして(ヘアカットの後)私は驚きました。だって彼、すごくカッコ良く見えたから。」

「私たちの交際は最初から順調で、それは私の理想通りだったんです。その上、彼の家族は私を『娘のように愛している』と言って可愛がってくれるんですよ。」

ルスさんとフアンさんはヘアカットの出会いから2年後の2011年に結婚に至った。現在のフアンさんは、レンガ職人として働きながら空いた時間でスマートフォンの修理を請け負っているそうだ。そして2人は3人の娘をもうけて1人は亡くなってしまったものの、動画には娘2人を愛おしそうに抱いているフアンさんの姿がある。

動画はこれまでに500万回以上も視聴され、このような声が寄せられている。

「私もオクソの駐車場に(恋人探しに)行こうかしら。」
「オクソって何でも揃ってるんだな。すごいサービスだよ。」
「僕はこれからゴミ捨て場で暮らすことにするよ。」

またほとんどのコメントに「フアンさんにとって素敵なチャンスだった」とあり、2人の馴れ初めに温かい気持ちになったようだ。

なおルスさんは初めてフアンさんに会った時に「将来、一緒に人生を歩むだろう」と感じたそうで、「彼が夫になることは必然的だった」と明かしている。

画像は『The Mirror 2022年6月25日付「Woman who cut homeless man’s hair in makeover marries him two years later」(Image: Jam Press/@makeup_by_lakiza)』『lakiza 2022年5月21日付TikTok「no cabe duda que el que busca encuentra yo encontr? la otra mitad que me hac?a falta con el」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)