フェンスを作るため支柱を打ち込んでいた男性、突然の大爆発で吹き飛ばされる(英)<動画あり>

フェンスを作るため支柱を打ち込んでいた男性、突然の大爆発で吹き飛ばされる(英)<動画あり>

フェンスを作るため支柱を打ち込んでいた男性、突然の大爆発で吹き飛ばされる(英)<動画あり>の画像

イギリスの農場で今月21日、男性がフェンスを設置するために機械を使って地面に支柱を打ち込んでいたところ突然大爆発が起きた。宙に吹き飛ばされた男性の様子は近くの防犯カメラが捉えており、衝撃的な映像に驚きの声が殺到している。この爆発はガス管の破裂が原因とされており、一部の近隣住民が一時的に避難したという。『LADbible』などが伝えた。


衝撃の爆発事故が発生したのは英ダービーシャー州ウェシントンにある農場で、敷地の隣に住むアラン・ブラウンさん(Alan Brown)の自宅に設置していた防犯カメラが爆発の瞬間を捉えていた。

今月21日午前9時45分に撮影された映像には半袖短パン姿の男性が映っており、隣には黒い大きな機械が確認できる。この男性はアランさんの敷地との境にフェンスを設置しており、機械を使って支柱を地面に埋め込んでいた。画面奥から手前にかけて支柱がずらりと並んでおり、この男性は順調にフェンスの設置作業を進めていたようだ。

地面に差し込んだ支柱を上から打ち付けるように機械が動いており、男性はすぐ隣で機械の調整を行いながら打ち込み具合を確認している。ところが機械が支柱を打ち込んだ瞬間、地面が下から吹き上げるように大爆発が起きた。近くにいた男性は爆発の勢いで宙に吹き飛ばされてしまい頭から地面に落下してしまったが、大怪我はなかったようですぐに立ち上がって逃げ出した。これは地中にあったガス管が破裂したことが爆発の原因と報道されており、映像では土煙とともにガスが勢いよく噴き出し続けていた。

事故直後にダービーシャー州の消防隊やガス専門家が駆けつけ、調査のため数時間にわたって車両の通行止めが実施された。また漏れたガスに引火する危険性があるため近隣の約30世帯に対して避難指示が出され、避難指示対象でない世帯には窓を閉め切っておくように指示が出されたという。

ガス供給会社「Cadent」は、今回の事故でエンジニアを派遣して夜通しで修復作業を行ったと公表している。現在修復作業は終了して避難指示は解除され、ガス供給も滞りなく行われているそうだ。

この映像を見た人からは「うわっ、これは凄い爆発」「この男の人はラッキーだね」「地面を掘る時はガス会社に連絡しないと」「ガス管が埋まっているマークとかなかったのかな?」など驚きや疑問の声が届いていた。

なお2019年には、ゴキブリを駆除しようとして庭で大爆発を起こしてしまった瞬間を捉えた動画が話題を呼んでいた。この場合はガソリンを使用していたために起きた爆発だったが、いずれにしてもガソリンやガスの取り扱いには十分な注意が必要だ。

画像は『LADbible 2022年6月24日付「Shocking Moment Ground Explodes Beneath Man Building Fence In A Field」(Credit: Facebook/Alan Brown)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)