15歳少年が真っ白なナマズを釣り上げる キャリア30年の船長も「初めて見た」(米)<動画あり>

15歳少年が真っ白なナマズを釣り上げる キャリア30年の船長も「初めて見た」(米)<動画あり>

15歳少年が真っ白なナマズを釣り上げる キャリア30年の船長も「初めて見た」(米)<動画あり>の画像

先月末にアメリカのテネシー川で釣りをしていた15歳の少年が、真っ白なナマズを釣り上げて話題を呼んでいる。このナマズは色素の量が少ない“白変種”の個体ではないかと推測されており、その珍しさから世界中のメディアに取り上げられた。『FOX 35 Orlando』などが伝えている。


米テネシー州チャタヌーガ市を流れるテネシー川にて先月28日、エドワーズ・タルミアンツ君(Edwards Tarumianz、15)は同地域で釣りのガイドサービスを提供している会社「シーニック・シティ・フィッシング・チャーターズ(Scenic City Fishing Charters, Inc.)」が運航するボートに乗り、船長のリチャード・シムズさん(Richard Simms、67)と共に釣り竿を握っていた。

しばらくしてエドワーズ君の釣り竿にアタリが来て釣り上げてみると、真っ白に輝く大きなナマズが姿を現した。リチャードさんは「私もエドワーズも驚きましたよ。ボートの上に引き上げる前からその姿が見えていましたが、エドワーズが網で捕獲するまで興奮と緊張で2人とも声も出せない状態でした」と当時の様子を明かしている。

これまで30年間多くのナマズを釣ってきたリチャードさんだが、真っ白なナマズを見たのは初めてのことだったという。実際の写真を見てみると、エドワーズ君が釣り上げたナマズはヒレや尻尾の先が薄いピンク色になっているが、体のほとんどは真っ白であることが確認できる。通常のナマズと比べるとその差は歴然だ。

白い姿をしていると生まれつき色素が欠乏しているアルビノ種が思いつくが、このほど釣り上げたナマズは赤い目を持っていなかったのでアルビノ種ではないとリチャードさんは推測している。その他の可能性として通常の個体よりも生成される色素の量が少ないため体が全体的に白っぽく見える“白変種”か、単に体の模様とも考えられたが、テネシー州野生生物資源局(Tennessee Wildlife Resources Agency)の生物学者はどちらかについて特定はできていないという。それでも「どちらにしても素晴らしく、珍しい今回の捕獲は誰もが認めますよ」とコメントした。

エドワーズ君が白いナマズを釣り上げたことをシーニック・シティ・フィッシング・チャーターズがFacebookで報告すると、アメリカ国内のみならず世界中のメディアに取り上げられた。リチャードさんは「これまで今回と似たような魚を釣り上げた人々が同じようにSNSにシェアしたのを知っていますが、なぜ今回のケースがこれほどまでに話題になったのか不思議です。エドワーズはとても写真映えしますし、珍しい魚とハンサムな若者の写真が役に立ったのは間違いないでしょうね」と語っており、筋金入りの釣り好きであるエドワーズ君の父親ジェフさん(Jeff)も「こんなに話題になるなんて驚きです」と息子のニュースに目を丸くしていた。

リチャードさんは「エドワーズは私がこれまで船に乗せた中で最も礼儀正しい若者の1人ですし、私が今まで付き合ってきた15歳の釣り人の中で最も熟練していますね。今まで見たことのない、そしてこれからも見ることのないナマズを見ることができて特別な朝になりました」と思い出深い日を振り返った。またエドワーズ君は釣り上げた白いナマズをその場で川にリリースし、「他の人がまた釣り上げるかもね」と笑顔で話していた。

なお昨年にはオランダで、バナナのように鮮やかな黄色いナマズが釣り上げられて注目を集めていた。

画像は『FOX 35 Orlando 2022年7月11日付「‘Once-in-a-lifetime’ catch: Tennessee teen reels in rare white catfish」(Scenic City Fishing Charters, Inc.)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)