動物園の雄ライオン、繁殖目的で対面後数分で雌を襲い死なせる(米)

動物園の雄ライオン、繁殖目的で対面後数分で雌を襲い死なせる(米)

動物園の雄ライオン、繁殖目的で対面後数分で雌を襲い死なせる(米)の画像

米アラバマ州の動物園で今月18日、繁殖のために別の動物園からやってきた雄が、雌を襲って死亡させるという事故が発生した。雄は雌の囲いに入って数分で致命傷を負わせており、スタッフが対応に当たったが命を救うことはできなかった。悲劇的な事故を『AL.com』などが伝えた。


アラバマ州のバーミンガム動物園で18日、雌ライオンの“アキリ(Akili)”が、繁殖のために紹介された雄ライオン、“ジョシュ(Josh)”に襲われて死亡した。

アキリは2005年にコロラド州コロラドスプリングスのシャイアン・マウンテン動物園で生まれ、2007年から同園で15年間を過ごした。2011年にはアフリカライオンの“クワンザ(Kwanza)”との間に5匹の子を産み、動物園の顔として多くの人に愛されてきた。

ところがクワンザが昨年死亡し、同園は「ライオンの種保存計画(Lion Species Survival Plan、以下LSSP)」のコーディネーターと話し合いを重ね、今年4月に新たなパートナーとしてテキサス州サン・アントニオ動物園からジョシュを迎えていた。

スタッフはそれ以降、2頭を柵越しに紹介するなどゆっくりと引き合わせる準備を進め、休園日に合わせてジョシュをアキリが暮らす囲いに放したころ悲劇が起きた。

ジョシュの襲撃はほんの数分で、動物ケア&動物ヘルスチームのスタッフがジョシュを引き離したものの、アキリの怪我は重傷でその日の午後に死亡が確認された。

同園の副園長であり、LSSPのコーディネーターでもあるホリー・コラハンさん(Hollie Colahan)はFacebookに、「動物たちを引き合わせるのは常に危険が伴います。なぜなら野生動物の行動は予測ができず、私たちが2頭の関わりをコントロールすることができないためです」と綴り、15年にわたり多くの人に愛されてきたアキリの突然の死を悼んだ。

なお同園のスポークスマンは「アキリを襲ったジョシュはこれまで通りケアを続けていく」と述べており、アキリの悲報を聞いた人たちからは次のような声が寄せられた。

「私はこの動物園のメンバーで、成長し、母になったアキリのことを少なくとも12年間観察してきた。本当に残念。」
「美しいライオンだった。悲しい事故だ。」
「動物園のスタッフの気持ちを思うとやりきれない。アキリがクワンザと天国で幸せに暮らしていることを願うよ。」
「スタッフもベストを尽くしたはず。心が痛む。」
「アキリとクワンザがとても仲良くしていた姿が目に浮かぶ。残念でならない。」
「野生動物を人間がコントロールしようとするから悲劇が起きる。私はそもそも動物園にライオンを閉じ込めておくことに反対。」
「動物園で生まれ、動物園で亡くなったアキリ。本当に幸せだったのだろうか。悪いのは人間だ。」

ちなみにアキリの子供たちは2012年、雄の2頭がアラバマ州のモンゴメリー動物園に、雌の3頭はメキシコ、プエブラのアフリカンサファリに移送されたという。

画像は『The Birmingham Zoo 2022年7月20日付Facebook「Birmingham Zoo is mourning the passing of beloved African lioness Akili.」』『AL.com 2022年7月20日付「Female lion at Birmingham Zoo dies after attack by new male lion」(The Birmingham News/Jeff Roberts)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)