高速道路を走行中に金属片が飛来 運転手は「巨大な手裏剣かと思った」(米)

高速道路を走行中に金属片が飛来 運転手は「巨大な手裏剣かと思った」(米)

高速道路を走行中に金属片が飛来 運転手は「巨大な手裏剣かと思った」(米)の画像

米ユタ州ソルトレイクシティで今月13日、高速道路を走行中の車に大きな金属片が飛んでくるという肝の冷える事故が発生した。細長い金属片が回転しながら自分が乗る車に向かってくる様子を見た被害者の女性は、「巨大な手裏剣が飛んできたのかと思いましたよ」と当時を振り返っている。『FOX 13 Utah and Salt Lake City』などが伝えた。


当時、車を運転していたアネット・ビーヴスさん(Annette Beaves)は仕事へ向かうために州間高速道路215を走っていた。いつも通りに車を走らせていたアネットさんだが、遠くから大きな金属片が車に向かって飛んできた。

「この大きな金属片がちょうど私の方へ向かって飛んでくるのが見えたんです。金属片は地面にバウンドすることなく近づいてきて、本当に恐ろしかったですよ。すごいスピードで飛んできたので反応する時間はほとんどなく、金属片は2回ほど回転するように動いていたのでまるで巨大な手裏剣のようでした。」

そのようにアネットさんは振り返っており、猛スピードで迫りくる金属片を避けることができず、フロントガラスに突き刺さった。ユタ州ハイウェイ・パトロールが事故後の写真をFacebookに公開しているが、そこにはフロントガラスの真ん中に突き刺さった細長い金属片が写っていた。しかも運転席のハンドル近くに金属片が刺さっているのが確認でき、奇跡的にフロントガラスを貫通しなかった。

金属片と衝突直後、アネットさんはなんとか安全な路肩に移動して車を停車させてアメリカの緊急電話番号である911に通報し、救急隊員が到着するまで放心状態で座っていたという。金属片の直撃を免れたものの、フロントガラスの破片が散乱したことでアネットさんは軽い切り傷を負い耳から出血が確認された。「私自身ガラスを浴びましたし、車の中もガラスだらけでした。もし私がメガネをかけていなかったら目の中にもガラスが入ってしまっていたと思います」とアネットさんは話している。

ユタ州ハイウェイ・パトロールは、飛んできた金属片は別の車両の荷台に積まれていた物が落下したのではないかとみて捜査を進めている。

最近は洗濯機からソファまで多くの落下物の報告が増えているそうで、ユタ州警察のコディ・オラウさん(Cody Ohlau)は「荷物がしっかりと固定されていることを確認してください。2週間ほど前に車の上にマットレスを乗せ、窓から手を出して支えながら走行している車を見かけました。このような形で走行するのは決して許されるものではありません」と警告した。

ちなみに2020年には、ものすごい勢いで飛んできたカメが走行中の車のフロントガラスに突き刺さったという耳を疑うニュースも話題を呼んでいた。

画像は『Utah Highway Patrol 2022年7月14日付Facebook「DEBRIS UP AHEAD」』『FOX 13 Utah and Salt Lake City 2022年7月15日付「Utah woman shares terrifying moment when metal rod crashed into windshield」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)