死んだヘビを飲み込んだ若鳥、大きすぎて窒息寸前に(南ア)<動画あり>

死んだヘビを飲み込んだ若鳥、大きすぎて窒息寸前に(南ア)<動画あり>

死んだヘビを飲み込んだ若鳥、大きすぎて窒息寸前に(南ア)<動画あり>の画像

南アフリカのクルーガー国立公園で、若鳥が死んだヘビを丸飲みしようとしたところもがき始めた。ヘビが大きすぎたためで若鳥は飲み込むことも吐き出すこともできず、ついには窒息したかのように横たわってしまった。『Latest Sightings』が伝えている。


南アフリカのクルーガー国立公園のほぼ中央に位置するキャンプサイト「Satara Rest Camp」の北を訪れたベヴ・フィールドさん(Bev Field、50)が、ミナミジサイチョウの珍しい姿を捉えて話題となっている。

グループでツアーに参加したベヴさんは、若いミナミジサイチョウ1羽と成鳥4羽の家族に出くわしたそうで、しばらくすると若鳥が苦しそうにしていることに気が付いたという。

ベヴさんは当時のことをこのように語った。

「若鳥はヘビの半分ほどを飲み込んだものの、残り半分を飲み込むことも吐き出すこともできずにいました。私たちが見ていたのは45分ほどですが、若鳥に対してヘビが大きすぎるのは明らかでした。」

「特に私たちが興味をそそられたのは、成鳥たちがひたすら採餌を続けていたことです。成鳥たちは苦しむ若鳥を心配する素振りさえ見せず、若鳥が口にした大きなヘビにも全く興味を示しませんでした。私たちは『母鳥が若鳥を助けてあげるのでは』とか『成鳥が若鳥のヘビを引っ張ってあげれば簡単に解決することなのに』などと思いましたが、そんなことも一切ありませんでした。」

成鳥たちはその後、若鳥が助けを呼んでいるのにもかかわらず、数百メートルを歩き続けたそうで、ベヴさんは「若鳥が苦しむのを見ているのはつらく、あのままでは死んでしまうのではないかと気が気ではなかった」と振り返り、このように続けた。

「あの時、車の中にいた誰もが、外に出て若鳥の喉からヘビを引っ張り出してあげたい気持ちに駆られていたと思います。でもクルーガーでは車外に出ることは禁止されていますし、若鳥を助けることはすでに極度のストレスに晒されている個体をさらに苦しめるだけということをみんなが分かっていたのです。私たちが助けようとしても、若鳥はその場から飛び立とうとするか、あれ以上に疲労してしまうだけですからね。私はとても苦しく、無力感でいっぱいでしたよ。」

動画では、若鳥がヘビを半分以上口に入れたまま、まるで窒息したかのように横になって動けないでいる姿も映し出されており、ベヴさんが「死んでしまうのでは」と不安になったのも納得がいく。

しかしその後、若鳥は急に立ち上がってヘビを口から吐き出すことに成功、周りからは「吐き出したぞ」と歓声があがっている。若鳥は大きすぎるヘビを飲み込んで学んだのだろう。その後はくちばしを使ってヘビの体を突いており、長い体を小さく切り刻んでいるようだった。

ベヴさんは今回改めて、「あんな光景を見ることができるのは一生に一度あるかないかだろうね。それもすぐ目の前の道路で起きたのだからすごいことだよ。自分はあの鳥を助けたい気持ちでいっぱいだったけど、あれが自然というもの。自然の成り行きに任せないとね」と感想を述べ、結果的に人間が間に入ることなく若鳥が生き抜いたことにホッとした様子だった。

なお「SANBI(南アフリカ国立生物多様性研究所)」によると、ミナミジサイチョウは大型で成鳥の体重は3.5〜4キロ、体長は90〜110センチになり、草原やサバンナ、森に生息しているという。一日の大半を採餌に費やし長距離を歩くことは珍しくなく、無脊椎動物 、爬虫類、げっ歯動物、両生類を好んで食べるそうだ。小さな獲物はそのまま飲み込むが、大きなものはくちばしで摘まんだまま振り回して小さくしたり、硬いものはくちばしで何度も突いて柔らかくするという。

画像は『Latest Sightings 2022年7月24日付「Dead Snake Chokes Bird」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)