火事の家に取り残された子ども5人、救出したピザ配達員に感動の声「素晴らしい勇気の持ち主」(米)<動画あり>

火事の家に取り残された子ども5人、救出したピザ配達員に感動の声「素晴らしい勇気の持ち主」(米)<動画あり>

火事の家に取り残された子ども5人、救出したピザ配達員に感動の声「素晴らしい勇気の持ち主」(米)<動画あり>の画像

今月11日深夜、米インディアナ州で車に乗ってピザの配達をしていた男性が炎に包まれた民家を発見した。男性はすぐに家の中に入り、2階で寝ていた子どもたち4人を起こして外に連れ出した。しかし安堵したのも束の間、「もう1人いる」という声を子どもたちから聞くと、男性はためらうことなく燃え盛る家に飛び込んでもう1人の子を救出したという。『People.com』などが伝えている。


米インディアナ州ラファイエットにて今月11日の深夜0時半、ニコラス・ボスティックさん(Nicholas Bostic、25)はピザ配達のために車を運転していた。しばらく運転していると、暗い住宅街の中で炎を上げて燃える民家を発見した。ニコラスさんはすぐに車を停めて玄関をノックしたが応答がなかったため、裏口から民家に入り2階で眠っていた1歳から18歳までの4人の子どもたちを起こして外に連れ出した。

ニコラスさんは「どう説明したらいいか分からないけど、あの夜、あの場で『自分は死ぬことになるかもしれない』と思ったんです。それでも妙に冷静な自分がいて、『とにかくやるべきことを早くやらなければ』と考えていました」と燃える炎の中での救出劇を振り返った。

子どもたちを火災から救助することができ安堵したニコラスさんだったが、彼らが「6歳の女の子がまだ中にいる」と言い出した。すでに炎は激しくなり民家を包み込むようにして燃えていたが、ニコラスさんは再び燃え盛る家の中に走り込み6歳の子を探し始めた。

他の子と同じく上の階で寝ていると思ったニコラスさんは一目散に2階へ上がって探したが、姿が見当たらなかったので脱出できる場所を探していると下の階から泣き声が聞こえてきた。ニコラスさんは着ていたTシャツで自身の口と鼻を覆うと、階段の吹き抜けから上がってくる真っ黒な煙の中に飛び込んで下の階へ行き、地面を這いつくばりながら泣き声だけを頼りに6歳の子を見つけ出して抱き上げた。1階はすでに大半が炎に包まれ外へ出ることができなかったので、ニコラスさんは上の階に戻ると窓を割って外に飛び降りた。

ニコラスさんは当時、緊急電話番号911に連絡する時間すらおしいと考えていたそうで、消防隊が到着する前に自身の判断で燃える家に飛び込んだという。通報を受けて到着した警察官のボディカメラには、激しく燃える家から泣き叫ぶ5人目の子どもを抱えて出てきたニコラスさんの姿が映っていた。警察官は子どもを受け取ると、安全のため家の反対側にニコラスさんを誘導して手当を行った。

芝生に倒れ込み応急手当を受けていたニコラスさんは「息ができない」と苦しそうな表情をしながらも「赤ちゃんは無事か? 無事だと言ってくれ!」と尋ねており、警察官は「赤ちゃんは足に軽い切り傷を負っただけで無事だ。君はよくやったよ」と答えてニコラスさんを安心させていた。

その後、病院に運ばれたニコラスさんは、腕の火傷と煙を吸い込んだことによる気道熱傷のため入院した。だが2日後の13日に退院でき、ニコラスさんの恋人であるカラ・ルイスさん(Kara Lewis)がFacebookで彼の元気な姿を公開した。また激しい火災だったにもかかわらず、早い段階でニコラスさんが救出したことにより子どもたちは奇跡的に軽傷で済んだという。

今回の件について、ラファイエット警察は「ニコラスさんの勇敢な行動が人命を救いました。彼の自身を顧みない精神は素晴らしく、今回のような危機に直面しながらも見せた彼の勇気、粘り強さ、確固とした冷静さは多くの人に感銘を与えました。ラファイエット警察とトニー・ロスワルスキー名誉市長(Tony Roswarski)はニコラスさんの行動に対して永久に感謝するとともに、彼の行動を公に表彰したいと考えています」とコメントしており、ニコラスさんは来月2日に開催予定のラファイエット警察署と同市を拠点とする野球チーム「ラファイエット・アビエーターズ」が開催する交流イベント「ラファイエット・アビエーターズ・ナショナル・ナイトアウト」で表彰されるそうだ。

ニコラスさんの勇敢な行動を各メディアが報じると多くの人が感動しており、ニコラスさんのいとこであるリチャードさん(Richard)がクラウドファンディングサイト「GoFundMe」で治療費を募ると、目標額の10万ドル(約1356万円)を大きく上回り56万ドル(約7592万円)超もの金額となった。

募金した人々からは「あなたこそ本当のMVPだよ」「なんて素晴らしい勇気の持ち主なの」「早く回復しますように」などのコメントが寄せられている。

画像は『People.com 2022年7月15日付「‘Heroic’ Indiana Man, 25, Runs Into Burning Home to Save 5 Children Trapped Inside」(CREDIT: LAFAYETTE POLICE DEPARTMENT; LINDSEY NICHOLE)』『New York Post 2022年7月20日付「Indiana passerby rescues five children from burning home, including baby」(LafayetteINPolice/Twitter)』『Kara Lewis 2022年7月13日付Facebook「and we’re going home!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)