強制捜査を受けた麻薬密売組織、取り押さえられた飼い主と共に寝転がる犬に大笑い(ブラジル)<動画あり>

強制捜査を受けた麻薬密売組織、取り押さえられた飼い主と共に寝転がる犬に大笑い(ブラジル)<動画あり>

強制捜査を受けた麻薬密売組織、取り押さえられた飼い主と共に寝転がる犬に大笑い(ブラジル)<動画あり>の画像

7月28日、ブラジルのサンパウロ州にて麻薬取締官が麻薬密売組織の拠点に押し入り大量の大麻を発見した。取締官らはその場にいた3人の男を拘束し床にうつ伏せにさせたが、しばらくすると男らが飼っていた大型犬が現れて飼い主の真似をして自ら床に寝転がったのだ。シリアスな現場での可愛らしい犬の行動には、大笑いの声があがっているという。『LADbible』などが伝えた。


ブラジル南東部サンパウロ州オルトランジアの牧場にある小屋に7月28日、麻薬取締官が強制捜査に入った。以前からこの小屋に目を付けていた取締官らは、麻薬が運び込まれた時にすぐ押し入ることができるよう準備を進めていた。そして運び込まれたことを確認した取締官らが突入すると、中からは大麻を含むレンガ状のパッケージが1176個、重さにして約1.1トンという大量の麻薬が発見された。

取締官らは建物の中にいた男3人を床にうつ伏せにさせ、腕を後ろで組ませて拘束した。ただしこのような事態に備えていたのか、男らは大型犬であるロットワイラーを飼っていた。ロットワイラーは筋肉質でがっしりとした体格を持ち、忠誠心が高く家族や自分より小さな生き物を守ろうとする本能が強いため番犬として飼われることが多いという。

麻薬密売組織の男らもそんなロットワイラーの番犬としての性格に期待して取締官を追い払ってくれると思っていたのかもしれないが、実際はそう上手くいかなかったようだ。強制捜査の様子を捉えた動画には床の上に並んでうつ伏せになる男3人が映っており、そのすぐ隣で犬が一緒になって横になっていたのだ。その表情は心なしか笑っているようにも見え、犬は飼い主たちが遊んでいるものと勘違いして一緒にこの状況を楽しんでいるようだ。

麻薬取締官は“麻薬密売組織から大量の麻薬を押収した”と真剣に報告したが、犬が寝転がる様子が一緒に公開されると可愛らしい犬の姿に注目が集まった。ネット上からは「麻薬組織に飼われていたみたいだけど、相当可愛がられていたんだね」「犬はただ可愛くあればそれでいいんだ」「連帯責任を感じているのかな?」「この犬はもしかしたら潜入捜査官だったのかも」などのジョークや笑いのコメントが見られた。

強制捜査後、逮捕された男たちはサンパウロ州アメリカーナにある警察本部に連行された。飼い主がいなくなり現場に残された犬は、この小屋の近くに住んでいた女性が引き取って世話をしていると報じられている。

なお過去にもタイで、宝石店の番犬が昼寝中に現れた強盗犯に対してピクリとも動かなかったことが動画とともに伝えられ、「ダメっぷりが可愛い」という声が多数寄せられていた。

画像は『LADbible 2022年7月29日付「Guard Dog Completely Fails At Job By Lying Down Next To Drug Gang During Raid」(Credit: Newsflash)』『Metro 2022年7月29日付「World’s most useless guard dog lies down next to drug gang in police raid」(Picture: Dise Americana/Newsflash)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)