医者の忠告を無視し腕にオイルを注入 「ブラジルのハルク」と呼ばれた男性が死亡<動画あり>

医者の忠告を無視し腕にオイルを注入 「ブラジルのハルク」と呼ばれた男性が死亡<動画あり>

医者の忠告を無視し腕にオイルを注入 「ブラジルのハルク」と呼ばれた男性が死亡<動画あり>の画像

2016年にブラジル在住のボディビルダーの男性が「アーノルド・シュワルツェネッガーのようになりたい」とシンソール(synthol)という合成油脂を体内に注入し、大きく盛り上がった筋肉を作り上げていたことが話題となった。その後、男性はシンソールの注入には危険が伴うと医師から忠告されていたが、そのまま使用し続けていたという。そして男性は今年の55歳の誕生日に、その生涯を閉じてしまった。『New York Post』『The Sun』などが伝えている。


ブラジルのサンパウロで「ブラジルのハルク」と呼ばれていたボディビルダーで、普段は建設現場で働くヴァウジール・セガートさん(Valdir Segato、55)が先月26日に自宅で気分が悪くなった後、搬送先の病院で死亡した。亡くなったヴァウジールさんは生前、驚くほど隆々とした筋肉を持っていたことで2016年に英メディア『Daily Mail Online』のインタビューに応じたことで名前が知られるようになった。

ただヴァウジールさんの筋肉は、日々のトレーニングだけでなくシンソールを体に注入したことによるものだった。シンソールは筋肉や乳房などを膨張させることから美容整形オイルとして知られるが、感染症や脳卒中、神経損傷などの副作用も報告されている。

ヴァウジールさんは当時、「ハルクやシュワルツェネッガー、ヒーマン(米アニメの主人公)みたいと言われるけど、それがとても嬉しいんだ。上腕二頭筋は倍ほどになったけど、まだまだ大きくしたいね」と語っており、リスクがあると知りながらも自分でシンソールを体に注入し続けていたという。

そんなヴァウジールさんは一時期、二の腕が58.4センチ、胸囲が119.4センチという驚異的な筋肉を持ち合わせていた。しかし彼は、医師から「シンソールの注入は命に関わるため使用をやめるように」とたびたび警告されていたようだ。そして亡くなった当日、その日は奇しくも彼の誕生日だった。ヴァウジールさんは息苦しさから、近所に住むモイセス・ダ・コンセイソン・ダ・シルバさん(Moisés da Conceição da Silva)の母親に助けを求めたという。モイセスさんはこのように振り返っている。

「午前6時頃でした。ヴァウジールさんは家から這うようにして出てきたんです。そしてうちの母親の部屋の窓を叩いて『助けてくれ。死にそうだ』と言ってました。母親は目を覚ました後、彼を車に乗せて救急センターに連れて行ったんですが、受付に着くと発作を起こして倒れてしまったんです。彼は心臓発作を起こしたんだと思いますよ。」

またモイセスさんによると、ヴァウジールさんが息苦しさで病院を訪れたのはこれが初めてではなく、4か月前にも同様の症状で入院していたという。英メディア『The Sun』ではヴァウジールさんの死についてシンソール注入の可能性を指摘したが、現時点で直接の死因ははっきりとしておらず、彼の遺体は法医学研究所に送られたそうだ。

ヴァウジールさんは生前、TikTokで自身の姿を多数投稿し、その驚異的な筋肉によって170万人以上ものフォロワーを獲得していた。そして亡くなる前日の25日の動画が最後の投稿となってしまった。地元メディアによると、ヴァウジールさんは目を奪われるような外見とは裏腹に、あまり友人などもおらず他人との交流もほとんどない静かな生活を送っていたという。

画像は『userValdir Synthol Oficial 2022年5月25日付TikTok、2022年6月10日付TikTok』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)