強盗が来た直後にショットガンで撃退 80歳コンビニオーナーに称賛の声(米)<動画あり>

強盗が来た直後にショットガンで撃退 80歳コンビニオーナーに称賛の声(米)<動画あり>

強盗が来た直後にショットガンで撃退 80歳コンビニオーナーに称賛の声(米)<動画あり>の画像

先月31日深夜、米カリフォルニア州にあるコンビニエンスストアにライフルを持った強盗が現れた。強盗は「動くな!」とカウンターにいた80歳のオーナーにライフルを向けたが、オーナーは隠し持っていたショットガンを素早く手にして発砲し強盗を追い払った。しかし見事に強盗を撃退したものの、オーナーは発砲直後に心臓発作で倒れてしまったという。『FOX 11 Los Angeles』などが伝えている。


事件は先月31日午前2時47分、米カリフォルニア州リバーサイド郡ノルコにあるコンビニエンスストア「Norco Market & Liquor」で発生した。当時、オーナーのクレイグ・コープさん(Craig Cope、80)がカウンターに立っていた時に強盗がライフルを構えて店に入ってきた。

店内の防犯カメラが当時の様子を捉えており、赤いトレーナーに黒いズボンをはいた男が「動くな! 手を上げろ!」と怒鳴りクレイグさんにライフルを向けている。クレイグさんは80歳と高齢だったため素直に男の指示に従うと思ったが、カウンター下に用意していたショットガンに手を伸ばすとすぐさま強盗犯に向けて発砲した。

発砲は1発だけだったが命中し、強盗犯は叫びながら店の外に走り去った。しばらくすると映像は外の駐車場の防犯カメラに切り替わり、そこには強盗犯の仲間が乗った黒い車が待機していた。仲間の1人が応援に向かおうとしたのかライフルを手にして車から降りたが、直後に銃声が聞こえ走って逃げてくる仲間の姿を見て急いで車の中に引き返した。そして逃げてきた強盗犯は「あいつに腕を撃ち抜かれた」と何度も叫びながら車に乗り込むと、強盗犯らは車を発進させて逃げ出した。

当時のクレイグさんはカウンターに置いていたテレビで監視カメラの映像を確認していたそうで、そこで車からマスクをして降りてきた男の姿を発見した。「何か良くないことが起こる」と予期したクレイグさんはショットガンを近くに用意して待ち構えており、結果的にライフルを持った強盗犯が目の前に現れても非常に落ち着いて行動することができたという。

のちに強盗犯らは「Southern California Hospital」という病院で発見され、1人はショットガンで撃たれたようなケガをしており、残りの3人であるジャスティン・ジョンソン(Justin Johnson、22)、ジャマー・ウィリアムズ(Jamar Williams、27)、ダフォン・ブローダス(Davon Broadus、24)は盗難届が出されていた車に乗っているところを見つかり逮捕された。銃撃を受けて入院中の容疑者は23歳の男とだけ明かされており、容体は安定しているものの重傷であると報道されている。

リバーサイド郡保安官事務所の保安官代理は「今回のケースは合法的に武装した一般市民が、複数人の強盗犯と対峙しながらも凶悪犯罪を防ぎ自身の安全を確保しました」とコメントし、クレイグさんの行動を称賛した。

動画では発砲直後にショットガンを抱えたまま様子をうかがうクレイグさんの姿が確認できるが、その後は心臓発作を起こして倒れてしまったという。しかし病院で治療を受けて無事に回復し、今月1日に退院することができた。クレイグさんの妻ナンシーさん(Nancy、79)は「今は少し休まなければなりませんが、彼は大丈夫ですよ」とクレイグさんの無事を明かしている。

このニュースを見た人からは「この男たちは二度とこんなことしないだろうね」「80歳にしてはなかなか良い射撃だ」「オーナーさんが無事で本当に良かったよ」「自分のお店を自分で守ったオーナーは素晴らしい」などクレイグさんの行動を絶賛する声が届いていた。

画像は『FOX 11 Los Angeles 2022年8月2日付「‘He shot my arm off’: Elderly store owner opens fire on would-be robber in Norco」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)