真夜中に強盗の侵入を知らせた猫、飼い主も「この子は“番猫”だよ」と感心(米)

真夜中に強盗の侵入を知らせた猫、飼い主も「この子は“番猫”だよ」と感心(米)

真夜中に強盗の侵入を知らせた猫、飼い主も「この子は“番猫”だよ」と感心(米)の画像

真夜中に拳銃を持った男2人が裏口から家に押し入ろうとしているのに気付いた猫が、眠っていた飼い主を叩き起こして知らせたという驚きのニュースがアメリカより届いた。「この子は“番猫”そのものだよ」と飼い主は愛猫の活躍に感謝していることを『Sunny Skyz』などが伝えている。


米ミシシッピ州テューペロ市ベルデン在住のフレッド・エベリットさん(Fred Everitt、68)は、約4年前に地域の動物愛護協会から1匹の猫を引き取り“バンディット(Bandit)”と名付けて一緒に暮らしている。

先月25日の午前2時半から3時の間、ベッドで眠っていたフレッドさんはバンディットがキッチンで鳴き声を上げているのに気がついて目を覚ました。なぜ鳴いているのか分からず困惑するフレッドさんのもとにバンディットが走り込んでくると、ベッドの上に飛び乗り掛け布団を剥がしてフレッドさんの腕を引っ?き始めたという。

「こんなバンディットは今まで見たことありませんでしたから、『いったいどうしたんだ?』と思いましたよ」と話すフレッドさんは、バンディットの姿を見て次第に「何かおかしい」と感じ始めた。フレッドさんはベッドから出て家の中を調べ始めると裏口の前に2人の男がいることに気付き、さらに注意深く確認してみると1人の男が拳銃を持ち、もう1人の男はバールでドアをこじ開けようとしていたのだ。

フレッドさんはすぐさま護身用に用意していた拳銃を取りに行って戻ってくると、侵入しようとしていた男らは住人が起きていることを察したのか既に逃げていたという。警察に届け出ることはしていないというフレッドさんは「バンディットがいてくれたおかげで強盗と対峙せずに済みました。もしバンディットがいなければ状況は大きく違っていましたね。番犬って聞いたことあるでしょ? バンディットは“番猫”といったところですよ」とバンディットの行動に感心した。

このニュースを見た人からは「酷い結果になっていたかもしれないし、猫が飼い主を起こしてくれて本当に良かった」「まさにヒーロー猫だね」「うちの猫はすぐに逃げ出すと思う」「うちの子だったら私が死ぬまで待って私のこと食べるかも」などバンディットを称賛する声や、忠実なバンディットの行動を自身の飼い猫と比較するコメントも寄せられた。

ちなみに昨年には、ガス漏れにいち早く気付き火災になる前に飼い主に伝えたという賢い猫も話題を呼んでいた。

画像は『Sunny Skyz 2022年8月3日付「‘Guard Cat’ Credited With Preventing Armed Robbery」(Credit: Thomas Wells/Northeast Mississippi Daily Journal)』『ABC Australia 2022年8月4日付「‘Guard cat’ Bandit credited with saving owner from Mississippi home robbery」(Flickr: Ashley Bayles, file photo)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)