首まで地面に埋まっていた犬、掘り出して助けると8匹の子犬を発見(トルコ)<動画あり>

首まで地面に埋まっていた犬、掘り出して助けると8匹の子犬を発見(トルコ)<動画あり>

首まで地面に埋まっていた犬、掘り出して助けると8匹の子犬を発見(トルコ)<動画あり>の画像

今月8日、体が半分以上も土に埋まり動けなくなっていた犬を救助したというニュースがトルコより届いた。スコップで土をかき出して犬を助けると、近くに生後間もない子犬たちも埋まっていることが判明した。残念ながら8匹の子犬のうち1匹は命を落としてしまったが、無事に救出された母犬と子犬たちは現在近くのリンゴ園が世話をしているという。『The Dodo』などが伝えている。


トルコのカイセリ県デヴェリ地区にあるリンゴ園で今月8日、警備員のマフムト・アシールさん(Mahmut Aşir)が農園を見回っていると、助けを求めるような悲痛な犬の鳴き声が聞こえてきた。鳴き声のする方へ向かってみると空き地に作っていた仮設住宅の近くに地面に埋まっている犬の姿を発見し、1人では助けられないと判断したマフムトさんはリンゴ園の別の場所で働いていた獣医のソナー・ビュユメスさん(Soner Büyümez)に助けを求めた。ソナーさんは「その場所では土砂崩れが発生しており、犬の頭だけが地面から出ている状態でした」と当時の犬の様子を明かした。

犬は必死に吠えていたそうで、ソナーさんはすぐにスコップを使って犬の周囲の土をかき出し始めた。「犬はかなり興奮した状態でした」とソナーさんは振り返っているが、救出当時の様子を捉えた動画には地面に体が埋まりながらも大人しく救助を待つ犬の姿が映っているものの、時折ソナーさんに向かって何度も吠えていた。

最初は体を動かせない状態に混乱しているせいかと思ったが、必死に吠えていた理由はそれだけではなかった。ソナーさんが犬の周囲を掘り進めていると、かすかに子犬の鳴き声が聞こえたという。地面に埋まっていた犬は母犬で、子犬たちも土砂崩れに巻き込まれてしまい完全に地面の中に埋もれてしまったのだ。

母犬の救出を終えたソナーさんは、すぐに子犬たちの鳴き声を頼りに再び地面を掘り進めた。動画の後半にその様子が映っており、子犬を傷つけないようにスコップではなく両手で懸命に掘っている。土は乾いてしまっていて掘るのが難しい状態だったが、ソナーさんは子犬の命を救うためできるだけ素早く掘り続けた。しばらくすると子犬の姿が見えて無事に救出することができ、さらに掘り進めると次々と子犬が地面から出てきた。子犬は誕生したばかりだったようで、歩くのもままならないほどだった。2時間ほどかけて合計8匹の子犬を外に出したが、そのうちの1匹は残念ながら命を落としてしまったそうだ。

この犬の親子は野良犬として生活していたが、現在はこのリンゴ園でエサを貰って生活している。しかしこのリンゴ園はすでに45匹ほどの子犬が暮らしており、現在は里親を募集しているという。

このニュースを見た人からは「犬の親子が助かって本当に良かった」「こんな現場を目の前にしたらトラウマになっちゃうよ」「子犬たちが窒息しなかったのは奇跡的だよ!」「素晴らしい救出劇だ」など感動や驚きの声が届いていた。

ちなみに昨年12月には米コロラド州で、雪崩で生き埋めになった犬が20分後に救出された様子を捉えた動画も大きな感動を呼んでいた。

画像は『The Dodo 2022年8月13日付「Rescuer Finds Dog Buried Up To Her Neck ― Then Realizes She’s Not Alone」(SONER BUYUMEZ)』『Daily Sabah 2022年8月10日付「Puppy rescue: Turkish vet digs out trapped canine family」(AA PHOTO)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)