ヘビを丸飲みしたヘビ レントゲン写真に写る2匹に「これは凄い」と驚愕の声(米)

ヘビを丸飲みしたヘビ レントゲン写真に写る2匹に「これは凄い」と驚愕の声(米)

ヘビを丸飲みしたヘビ レントゲン写真に写る2匹に「これは凄い」と驚愕の声(米)の画像

米フロリダ州の動物園が現地時間18日、追跡デバイスを付けて動向を調査していたビルマニシキヘビが他のヘビに食べられたとFacebookに報告した。添付されたレントゲン写真には大きなヘビのお腹の中に別のヘビの骨と追跡用デバイスが一緒に写っており、ネット上からは驚きの声が多数あがった。『USA TODAY』などが伝えている。


今回驚きの投稿をしたのは、米フロリダ州南部マイアミの動物園「ズー・マイアミ(Zoo Miami)」だ。同園の広報担当であるロン・マギルさん(Ron Magill)によると、捕食されたビルマニシキヘビを発見したのは昨年5月のことで、米国魚類野生生物局(U.S. Fish and Wildlife Service)と米国地質調査所による研究の一環として若い雌のビルマニシキヘビにズー・マイアミの獣医が追跡用デバイスを埋め込んで動向を調査していたという。ある日、デバイスの信号を頼りに追跡対象のビルマニシキヘビを探すと、そこにはヌママムシという別のヘビがいた。

調査員らは「ビルマニシキヘビはこのヌママムシに捕食されたのでは?」と推測しズー・マイアミの動物病院にてヌママムシをレントゲン撮影すると、体長43インチ(約109センチ)のヌママムシの中に、追跡していた39インチ(約99センチ)のビルマニシキヘビの姿を発見した。実際のレントゲン写真にはヌママムシの体の中央付近にグネグネとした形でビルマニシキヘビの背骨が確認でき、さらに四角い追跡用デバイスやそのコードもはっきりと写っていた。

マイアミのあるフロリダ州南部地域では外来種であるビルマニシキヘビによる生態系破壊が深刻な問題となっており、同地域で繁殖したビルマニシキヘビはオポッサムやウサギなどをエサとして捕食するため哺乳類が減少し、キツネに至っては姿を消してしまったと報告する研究結果も出ている。過去にはタイでビルマニシキヘビが牛1頭を丸呑みしたケースも確認されており、捕食対象が幅広いことがうかがえる。

同園によるとヌママムシは在来種であり外来種のビルマニシキヘビと捕食対象が被っているため、今回は競合である外来種に対して反撃を行ったのではないかとコメントしている。

衝撃のレントゲン写真を見た人からは「これは凄い!」「素晴らしいけれどクレイジーな写真」「在来種が外来種を全て駆逐してくれたらいいね」など驚きの声が寄せられていた。

画像は『Zoo Miami 2022年8月18日付Facebook「You may have heard in the news about the bobcat that was documented stealing and consuming eggs from an invasive Burmese python in the Everglades.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)