海で紛失した結婚指輪、地元Facebookグループの協力のもと持ち主に戻る(米)

海で紛失した結婚指輪、地元Facebookグループの協力のもと持ち主に戻る(米)

海で紛失した結婚指輪、地元Facebookグループの協力のもと持ち主に戻る(米)の画像

先月6日、アメリカ在住のある夫妻がビーチで遊んでいたところ、海の中で結婚指輪を紛失してしまった。夫妻は曾祖母から譲り受けた家宝でもあるその指輪を必死で探したが見つけることができず、地元のFacebookグループで協力を求めることにしたという。それから8日後、指輪は地元住民により発見され夫妻のもとに無事返された。自分の指に再び指輪をはめた妻は「見ず知らずの人々の優しさに感動しました」と感謝のメッセージを投稿している。『New York Post』などが伝えた。


米マサチューセッツ州グローブランドで暮らすフランチェスカ・ティールさん(Francesca Teal、29)は8月6日、ニューハンプシャー州ハンプトンのノースビーチで夫オースティンさん(Austin)とサッカーボールを投げて遊んでいたところ、大切な結婚指輪を失くしてしまった。それはホワイトゴールドとダイヤモンドの指輪で曾祖母から譲り受けた家宝でもあり、婚約指輪と結婚指輪を繋げた2連リングだった。

フランチェスカさんは「指輪が滑り落ちて海の中に落ちてしまった瞬間、心臓が止まりそうでした」と当時の心境を明かしている。

必死に指輪を探したものの見つけることができなかった夫妻は、ハンプトンビーチのFacebookグループで協力を求めることにしたという。

フランチェスカさんの投稿には、指輪の写真とともにこのように綴られていた。

「8月6日の正午頃、ノースビーチの水深3フィート(約91センチ)あたりの場所で結婚指輪を失くしてしまい、何時間も探しましたが見つかりませんでした。ノースビーチによく行かれる方で、金属探知機をお持ちの方がいれば捜索に協力していただけないでしょうか。この指輪は曾祖母から受け継いだ家宝なんです。もし誰かがそれを見つけることがあれば、私のもとに戻ってきてほしいと願っています。今日もビーチで探してくれている人々の協力に感謝しています。」

この投稿は3000件以上もシェアされ、多くの地元住民が協力を申し出たそうだ。

マーシュフィールド在住のルー・アッシさん(Lou Asci、60)もそのひとりで、彼はウェットスーツとヘッドランプを装着し金属探知機を持って海の中を捜索したそうだ。そして8月14日に行われた3回目の捜索で、ついに指輪を発見したという。

ルーさんは指輪を発見するまでの経緯をこう振り返っている。

「潮の満ち引きを調べてから海の中を探しましたが見つからず、数日後にもう一度行ってみましたが結果は同じでした。でもこれは彼女にとって大切なものだと分かっていたので諦めたくなくて…。8月14日に最後の挑戦に向かいました。私は指輪があると思われる場所よりもっと深いところまで行ってみようと思ったんです。すると案の定、砂に埋もれていた指輪が見つかったのです。フランチェスカさんが探していたのはこの指輪だと言ってくれれば、ようやく海から出られると思いつつ彼女に連絡しました。」

指輪はフランチェスカさんのものであることが確認されたのち、無事に夫妻のもとに返された。そしてオースティンさんは片膝をつきながら彼女の指に再び指輪をはめ直したそうだ。

フランチェスカさんはルーさんの粘り強さを称賛し、地元Facebookグループへ次のような感謝のメッセージを投稿した。

「この1週間、見ず知らずの人たちの優しさに圧倒されました。私たちのために時間を割いて指輪を探してくれたルーさんをはじめ、とても親切で寛大なみなさんに感謝します。このような形で人間性を目の当たりにできたことはとても素晴らしく、私自身や他の人たちに多くの信頼をもたらしてくれました。私はみなさんが示してくれたように、他の人々に手を差し伸べようと思いました。このFacebookのグループが熱心に捜索活動をしてくれたこと、そしてサポートしてくれたことに心から感謝しています。ありがとうございました。」

画像は『Hampton Beach Residents & Friends / Francesca Renee 2022年8月6日付Facebook「****update!!!!」』『People.com 2022年8月22日付「Mass. Man Spends Days Searching Sea for Stranger’s Missing Wedding Ring ― and He Finds It!」(PHOTO: FRANCESCA TEAL)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連記事(外部サイト)