絶叫系アトラクションが高さ約15メートルから垂直落下 子どもを含む16人が負傷(印)<動画あり>

絶叫系アトラクションが高さ約15メートルから垂直落下 子どもを含む16人が負傷(印)<動画あり>

絶叫系アトラクションが高さ約15メートルから垂直落下 子どもを含む16人が負傷(印)<動画あり>の画像

インドの公園にて今月4日、垂直落下型のアトラクションが機械の不具合により乗客を乗せたまま地面に直撃した。事故を捉えた動画には、高さ約15メートルの場所から滑り落ちるように座席部分が降下し、地面でバウンドして停止する恐ろしい瞬間が映っていた。この事故で少なくとも子ども5人を含む16人が負傷したという。『New York Post』などが伝えている。


インド北部パンジャーブ州モハリ地区にある公園「Dussehra Ground」で今月4日、「ロンドン・ブリッジ(London Bridge)」というイベントが開催されていた。同イベントではアトラクションも用意され、日曜日ということもあり大勢の家族連れが楽しんでいたが、日が沈み辺りが暗くなってきた頃に絶叫系アトラクション「ドロップ・タワー(Drop Tower)」で事故が発生した。

当時の様子を捉えた動画には約30人の乗客が座る円盤型の座席が、高さ50フィート(約15メートル)の場所で回転しながらゆっくりと上昇する様子が映っている。しかし一番上まで到達したかと思われたその時、回転盤は回転を維持しながら降下を始めた。

しかしこれはドロップ・タワーの通常の動きだったようで、地上に近づくとスピードを落としてギリギリのところで停止するはずだった。地上でこのアトラクションを見ていた人々も慌てる様子はなく見守っていたが、降下した回転盤はスピードを緩めることなく地面に落下してしまったのだ。

落下の衝撃は凄まじく、回転盤が壊れて破片が飛び散り、乗客らはバウンドするように激しく揺さぶられているのが動画から確認できる。シートベルトや安全バーを装着していたが、座席から投げ出されてしまった乗客の姿も見られた。周囲にいた人々は回転盤が激しく落下してからようやく異常事態に気がつき、逃げ惑う様子も映っていた。

目撃者のジャスプリット・カウルさん(Jaspreet Kaur)によると、事故発生現場では周囲の人々が負傷者を抱えて警察車両のバンに乗せ、急いで病院に連れて行ったという。また負傷者を助けようとしていた人々に対し、イベント現場の用心棒たちが余計なことをするなと脅すような行動をしていたことや、ドロップ・タワーの操作係と同イベントの主催者らはその場から逃走したという目撃情報が上がっている。

この事故に関して、同イベントの主催者の1人であるサニー・シンさん(Sunny Singh)は「技術的な不具合があったようです。事故が起こった詳しい原因について警察や行政と協力して解明していきます。以前にも何度かイベントを開催していますが、このようなことは一度もありませんした」とコメントしている。

なお同イベントは当初8月31日まで開催予定だったが、好評だったため9月11日まで期間が延長されていた。この事故で16人が負傷し、うち子どもを含む10人が重傷を負い現在も病院で治療を受けているそうだ。

画像は『New York Post 2022年9月5日付「Carnival ride plummets 50 feet, terrifying moment caught on video」(Jam Press Vid/Newslions)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)