腕の未発達により肩から直接手がついている女性 「気持ち悪い」の声に反論(米)<動画あり>

腕の未発達により肩から直接手がついている女性 「気持ち悪い」の声に反論(米)<動画あり>

腕の未発達により肩から直接手がついている女性 「気持ち悪い」の声に反論(米)<動画あり>の画像

アメリカに住むある女性は、生まれつき腕が未発達のため右側の肩から手が直接ついている状態だ。そのため見知らぬ人から「気持ち悪い」といった悪意のある言葉をぶつけられるそうだが、女性は落ち込むことなく正々堂々とした態度で反論し、SNSで多くの支持を得ている。『The Daily star』などが伝えた。


米カリフォルニア州在住で現在大学生のベレット・ハンツマンさん(Berrett Huntsman、19)は「アザラシ肢症」を持って生まれきた。そのため彼女の右肩には腕がなく、手が直接ついている。アザラシ肢症は四肢の長管骨が欠損または極端に短く、手や足が直接胴体についた状態の先天性疾患で、見た目がアザラシのように見えることからこの病名がつけられたとのことだ。

そんなベレットさんのSNSには、障がいを隠すことなく普通の人たちと同じように過ごす彼女の姿を見ることができる。ベレットさんのフォロワーのほとんどが彼女を支持する人たちばかりだが、中には「気持ち悪い」「いっそのこと切断したほうがいい」といった心無いことを言う人もいるそうだ。

しかしベレットさんはネガティブなコメントにも落ち込むことなく、先月22日にTikTokに投稿した動画の中で「まあいっか。アンチコメントでさえ私にとって糧になるからね」と述べている。また「なんで、切断しないの?」との声に対して3月22日に投稿した動画で、障がいのある右手が機能していることをアピールするかのようにスキンケア用品のボトルを持って「これはママからの贈り物よ。あなただって贈り物は捨てないでしょ」と反論した。

この動画はこれまでに2100万回以上も視聴され、ベレットさんを支持する次のような声で溢れた。

「あなたの手は『ファインディング・ニモ』のようなラッキーフィンだわ。」
「彼女の手は明らかに機能しているのに、なぜ切断する必要があるのよ!?」
「あなたの手が機能していて痛みが伴わないのであれば、そのままでいいんじゃない。私はあなたのユーモアが大好きよ。」

また同じ大学に通っていると思われる女性からは「あなたをよくキャンパスで見かけるけど、『かわいい人だなあ』っていつも思ってたわ」との声も届いていた。

さらにベレットさんは別の動画で「いじめは許されないことであり、SNSの向こう側にいる人たちは感情を持った人間なのよ」と訴え、次のように続けた。

「たとえそれ(アンチコメント)があなたにとって面白可笑しいことだとしても、それはいじめになるのよ。オンライン上だとしても、そんなの私たちは求めていないわ。(中略)たとえあなたの目に映るものが好きじゃなかったとしても、いじめは許されることじゃないのよ。」

「これは私だけの問題というよりも全体的に大きな問題です。私のことを嫌うのは勝手だけど、他のインフルエンサーには親切に接して。私の友人たちとはお互いを理解しあっているからジョークを言えるだけであって、見知らぬ人が私の障がいを罵るのは気持ち悪いことだわ。」

常に前向きに生きるベレットさんは、高校生の頃にチアリーダー部で活躍し将来女優になることを夢見ていたという。そして現在はタレント事務所に所属しており、今年は短編ドラマ「ダール・マン(Dhar Mann)」に女優として初出演を果たしている。

画像は『berrett 2022年8月31日付Instagram「reminder that social media isn’t real life.」、2022年4月3日付Instagram「summer break warm up」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)