Apple Watchの装着で重度の心疾患が判明した男性「妻がプレゼントしてくれたおかげ」(英)

Apple Watchの装着で重度の心疾患が判明した男性「妻がプレゼントしてくれたおかげ」(英)

Apple Watchの装着で重度の心疾患が判明した男性「妻がプレゼントしてくれたおかげ」(英)の画像

昨今はスマートフォンやスマートウォッチで健康管理を行う人が増えているが、イギリス在住のある男性はApple Watchの装着をきっかけに心疾患を抱えていることに気付いたそうだ。Apple Watchに搭載されている心拍測定機能により1分間の心拍数が平均を大きく下回っていることを知った男性が病院で詳しい検査を受けたところ、48時間で138回も心停止していたことが明らかになったという。『The Mirror』などが伝えている。


イギリス在住のデイヴィッド・ラストさん(David Last、54)は今年7月、重度の心臓病を抱えていることが分かった。病気が発覚したきっかけは、4月の誕生日に妻のサラさん(Sarah、50)からプレゼントされたApple Watchだった。

心拍測定機能が搭載されているApple Watchをデイヴィッドさんが装着したところ、1分間の心拍数はわずか30回(bpm)と表示されたそうだ。ちなみに成人男性の心拍数は通常、1分間あたり60~100回(bpm)という。

当初はApple Watchが故障していると思い、その数値をあまり気にしていなかったデイヴィッドさんだが、サラさんに検査を受けるよう促され主治医に相談したところ「ノーフォーク・アンド・ノリッジ大学病院(Norfolk and Norwich University Hospital)」の心臓専門医の診察を受けるよう勧められた。

そして5月にMRI検査を受けた結果、深刻な状況であることが判明した。デイヴィッドさんは、このように振り返っている。

「MRI検査の結果が出たのは、2か月後の7月のことでした。再び専門医の診察を受けたのち、48時間の心電図検査で異常な心拍数をモニターすることになったんです。その後、病院から5回も不在着信があったので深刻な問題なんだと気づきました。病院に電話すると、慌てた様子ですぐに来院するよう言われました。そして到着するとすぐにベッドを用意してくれて、突然死の危険があると告げられたのです。」

「検査の結果、48時間で10秒おきに138回も心臓が止まっていたことが分かったんです。それは心房と心室との間の電気信号がうまく伝わっていない『心ブロック』の状態と説明されました。私の場合、発作が起こるのは主に睡眠中で、心臓の一部の血流が活発になった後に繰り返し起きるそうです。」

これまで自身はもちろん家族も心臓の病気を抱えたことはなく、活動的に過ごしてきたと話すデイヴィッドさん。検査結果が出るまでの間も通常どおりの生活を送り、6月18日には結婚式を挙げ、海外旅行にも出かけたそうだ。

「家系的に心臓に問題があったことは全くありません。だから検査の結果を知った時はかなりのショックでしたし、まだ実感が湧かないんです。だってこれまで何の症状もなかったのですから。私は本当に活動的でよく歩いたり、自宅のルームランナーを使ったりしています。新婚旅行で10日間ほどイタリアに行ったのですが、その時も異常を感じることはありませんでした。そのことに医師はとても驚いていましたけどね。手術前のカウンセリングで私の症状はとても珍しいと説明され、どう治療を進めるか綿密な打ち合わせが行われました。」

そして8月12日、デイヴィッドさんは心臓ペースメーカーを装着する手術を受けた。

そのおかげで現在は心臓の異常なリズムを感知し、両方の心室が同調して血液を送り出すのを助けることで心拍数を一定に保つことができるようになった。しかし一方で、ペースメーカーの作動に影響を及ぼすためキッチンのIHコンロを使うことができなくなったとも話している。

今月から仕事に復帰したデイヴィッドさんは、命が助かったのは「妻のおかげ」として感謝の気持ちをこのように述べた。

「手術が無事に終わってほっとしましたし、今まで以上に元気になった気がします。妻は自分が私の命を救ったと言い続けていますが、それは間違いではありません。もし彼女が4月の誕生日にApple Watchを買ってくれなかったら、私はここにいなかったでしょう。あれ以来、充電している時以外はいつも身につけています。心拍数に異常があれば警告してくれるなんて本当にすごいですね。妻には一生に頭が上がらないでしょう。」

画像は『The Mirror 2022年9月5日付「Dad’s life saved by Apple Watch after his heart stopped 138 times in 48 hours」(Image: James Linsell-Clark/ SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連記事(外部サイト)