「上あごに腫瘍」と診断された男児、別の病院で“蓮の実の殻”と判明し両親憤慨(中国)

「上あごに腫瘍」と診断された男児、別の病院で“蓮の実の殻”と判明し両親憤慨(中国)

「上あごに腫瘍」と診断された男児、別の病院で“蓮の実の殻”と判明し両親憤慨(中国)の画像

先月末、中国の大病院を訪れた生後11か月の男児は、ベテラン医師に「上あごに腫瘍があり手術が必要」と診断された。しかしその後、別の病院で腫瘍はただの“蓮の実の殻”であったことが判明、あまりにも初歩的な誤診に両親が怒りの声をあげている。『South China Morning Post』などが伝えた。


中国に住むチェンさん(Chen)一家は先月末、生後11か月の男児の上あごに茶色い塊があることに気付き、湖南省長沙市の湖南省児童医院を訪れた。すると市内の中南大学湘雅医院の口腔外科専門医を紹介され、一般医の10倍にあたる約6200円(302元)を支払い予約を入れた。

男児を診察したのはベテランのジェン・シンチュン医師(翦新春)で、両親は「上あごの塊は先天性の腫瘍で、生検と全身麻酔での手術が必要だ。費用は約61万7000円(3万元)になる」と告げられた。

ところが病床には空きがなかったことから、両親は「手術をできるだけ早く受けさせたい」と同じ市内の湖南省人民医院に息子を連れて行き、腫瘍の様子を診てもらうことにした。

そして診察を受けると、信じられないような事実が明らかになった。

男児の父親は当時のことを「医師は息子の口の中を何度もチェックし、綿棒で上あごの塊を触っていました。するとその時です。その塊が突然ポロリと落ちたのです」と振り返る。

実はシンチュン医師が“腫瘍”と診断した茶色の塊は、“蓮の実の殻”だったことが判明、男児の両親は「8月に田園地方に旅行した時、蓮の実を買ったのですが、その殻がいつの間にか息子の上あごに張り付いていたのです」と明かしている。

なおシンチュン医師は中南大学湘雅医院の医長のほか、中南大学口腔前癌病変研究所所長、湖南省口腔医学会会長などを務めるなど肩書は申し分ない。しかし男児の両親は「診察時の同医師の態度は非常に冷淡で、息子の頭を掴んで口を開けさせていました。また専門医のため診察も非常に高額だったのです」と憤慨しており、「誤診により精神的な苦痛や恐怖を味わった」として病院に説明を求めている。

これに対し病院側は今月8日、『京華時報』にこのケースについて調査を開始したことを公表、今後の行方が注目されている。

ちなみにこのニュースには、「蓮の実の殻が腫瘍? きちんと診察していないよね?」「お金が全て」「これで麻酔をかけられていたら怖い」「信じられない」と医師を批判する声のほか、「中国では公立病院の医師の仕事が多すぎるんだよ」「大病院はいつも混んでいるから、医師が診察する時間は限られているということだろうね」「両親も不注意だったのでは?」といったコメントが寄せられている。

画像は『South China Morning Post 2022年9月9日付「Chinese baby with lotus seed shell stuck in mouth misdiagnosed with tumour, embroiling public health system in scandal」(Photo: SCMP Composite)(Photo: Toutiao)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)