自宅庭で巨大ミミズを発見した9歳男児、約1メートルの大きさに母親は「悪夢のよう」と驚愕(ニュージーランド)

自宅庭で巨大ミミズを発見した9歳男児、約1メートルの大きさに母親は「悪夢のよう」と驚愕(ニュージーランド)

自宅庭で巨大ミミズを発見した9歳男児、約1メートルの大きさに母親は「悪夢のよう」と驚愕(ニュージーランド)の画像

ニュージーランド在住の女性が今月1日、自宅の庭で9歳になる息子が巨大すぎるミミズを発見したとFacebookで報告した。投稿に添えられた写真には、目を疑うほど長い体を持ったミミズを木の棒で誇らしげに掲げる男の子の姿が写っていた。発見したミミズの大きさについて、女性は「約1メートルはあった」と話しているという。ニュージーランドのメディア『Stuff』などが伝えている。


ニュージーランド南島クライストチャーチ、バーンサイド在住のバーナビー・ドミガン君(Barnaby Domigan、9)は先日、学校が終わった放課後にきょうだいとともに自宅の裏庭で遊んでいた。バーナビー君の家の裏庭には小川が流れており、そこで遊んでいた際にバーナビー君は大きなミミズを発見した。

「棒で掴んでみて、『ワオ。これは凄い発見だぞ』と思ったよ。ミミズだと思ったんだけど、本当にミミズなのかはよく分からなかったんだ。大きくてすごいけど、ちょっと気持ち悪かった」とバーナビー君は当時を振り返っている。

父親のクリスさん(Chris)が撮影した写真には、枝先が2つに分かれた木の棒で長いミミズを誇らしげに持ち上げるバーナビー君の姿が写っていた。母親のジョーさん(Jo)がこの写真を自身のFacebookアカウントに「皆さん! これはうちの庭でバーナビーが見つけた本物のミミズです! ニュースになるかしら!?」と興奮気味に投稿した。写真加工をしたのかと勘違いしてしまうほど大きなそのミミズの姿に、「これは凄い!」「今日ってエイプリールフールじゃないよね?」「目の錯覚かと思った」「大きすぎて怖いよ」「これをエサにしたら巨大な魚が釣れそうだ」など驚愕のコメントが殺到した。

バーナビー君が発見した巨大ミミズは3フィート(0.9メートル)ほどの長さだったと話すジョーさんは、「本当にすごい大きさで悪夢のようでした。このミミズを発見したバーナビー自身も驚いてはいましたが大喜びでしたね」と明かした。

奇妙な生き物が大好きだというバーナビー君は、その規格外なサイズのミミズについて「冷たくてぐにゃぐにゃしてた」と表現しており、すっかり魅了され“デッド・フレッド(Dead Fred)”と名前まで付けて可愛がっていた。バーナビー君はクリスさんに「ビニール袋に入れて取っておきたい」とお願いしたそうだが許してもらえず、最終的にミミズを元の場所にかえしたそうだ。バーナビー君は「大人は自分の家に巨大なミミズがいるのを楽しいとは思えないから、パパは許してくれなかったんだと思う。僕も大人だったらそう思うだろうから」と大人びたコメントを残していた。

今回発見されたミミズの種類は明らかになっていないが、リンカーン大学の昆虫学研究コレクションで学芸員を務めるジョン・マリスさん(John Marris)は在来種のミミズだと推測している。在来種ミミズはかつて広域で生息していたが、現在は深い森林など静かな場所にいるのがほとんどなので民家の裏庭で発見されるのは非常に珍しいという。

ジョンさんによると在来種のミミズは171種類おり、中には今回のように約1メートルもある大きな個体もいるという。種類を特定するためには精密な検査が必要になるため、今回のミミズの種類を明らかにするのは難しいようだ。

ちなみに過去にはオーストラリアの家族が巨大すぎる蛾を発見し、その姿には「モスラみたい」などの声が届き大きな話題を呼んでいた。

画像は『TDPel Media 2022年9月7日付「Wormzilla! New Zealand youngster, 9, finds giant earthworm in backyard」((C)Michael Havis/chris domigan)』『Jo Domigan 2022年9月1日付Facebook「GUYS!! This is an ACTUAL WORM Barnaby found in OUR backyard today!!!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)