愛犬との「ボールを持ってこい」の遊びに野生のアザラシが参加し、飼い主驚愕(米)<動画あり>

愛犬との「ボールを持ってこい」の遊びに野生のアザラシが参加し、飼い主驚愕(米)<動画あり>

愛犬との「ボールを持ってこい」の遊びに野生のアザラシが参加し、飼い主驚愕(米)<動画あり>の画像

米カリフォルニア州サンタクルーズのビーチで先月、飼い犬と野生のアザラシが一緒に遊ぶ珍しい光景が捉えられ、SNSに投稿されて拡散している。 微笑ましいニュースを『New York Post』などが伝えた。


カリフォルニア州サンタクルーズを拠点にサーフィン写真家として活躍するディヴ・ネルソンさん(Dave Nelson)は毎朝、メスの愛犬“モエ(Moe)”をビーチに連れて行く。

そんなディヴさんは先月、いつものようにビーチに向かうと、1頭のオスのアザラシがモエの後を追っていることに気付き目を見張った。

「アザラシはモエに興味津々でね。モエの後を追って右に左にと泳いでいたんだ」と語るディヴさん。そんなことが数日続き、アザラシに“サミー(Sammy)”と名付けたディヴさんはある日、さらに驚く光景を目にすることになった。

ディヴさんは当時のことを次のように振り返る。

「モエにボールを投げて『持ってこい』の遊びをしていると、サミーが岸に近づいてきてね。モエは驚いたのか、それまでボールを落としたことがないのにボールを落とし、浅瀬の海に入っていったんだ。」

「2頭はお互いに鼻を近づけて匂いを嗅いでいて、驚いたね。モエはまるでサミーに挨拶でもするかのように2度ほど優しく吠えていた。」

「2頭がお互いに関心があるのは明らかで、そのうちモエの『持ってこい』のボール遊びにサミーが参加したんだよ!」

ディヴさんはこの“ボール遊び”の様子を捉えた動画をSNSに投稿、これが大きな反響を呼んだ。

動画では、ボールを持つディヴさんを水中から頭だけ出して見つめるサミーと「早く投げて~」と岸で元気いっぱいに跳ね回るモエが映し出され、ディヴさんが「興味があるのかい?」とポツリと言うと、海に向かってボールを投げる。

するとサミーはいち早く反応、ボールに向かって泳ぎ出し、モエもボールを追って海に飛び込んだ。こうしてボールをゲットしたのはモエだったが、サミーはモエが海から上がるまで後を追っている。

ディヴさんによると、2頭の遊びは15~20分も続いたそうで「美しいという言葉だけでは表現しきれない、そんな触れ合いだったよ」と感想を述べている。

なおこの動画には、「あああ、なんてキュート!」「次回からはボールを2個用意すべきだわ」「ディズニー映画の世界!」「アザラシが遊びたがっているのがよく分かる」「犬も最高に楽しそう!」といった声のほか、「アザラシは時に凶暴になる。気を付けて!」といったコメントも届いていた。

画像は『HornbillTV 2022年9月7日公開 YouTube「MAN PLAYS FETCH WITH PET DOG AND SEAL AT BEACH IN VIRAL VIDEO. GUESS WHO GOT IT FIRST」』のサムネイル、『Dave “Nelly” Nelson 2022年8月12日付Instagram「Almost every morning I take Moe (Mokuleia) to the beach.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)