ペットのカンガルーに襲撃され77歳男性が死亡、オーストラリアでの死亡事故は86年ぶり

ペットのカンガルーに襲撃され77歳男性が死亡、オーストラリアでの死亡事故は86年ぶり

ペットのカンガルーに襲撃され77歳男性が死亡、オーストラリアでの死亡事故は86年ぶりの画像

豪・西オーストラリア州で今月11日、77歳の男性がペットとして飼っていたカンガルーに襲われ死亡した。オーストラリアではカンガルーの襲撃は決して珍しくないが、死亡事故は86年ぶりだという。『news.com.au』などが伝えた。


西オーストラリア州アルバニー近郊レドモンドで11日、77歳の男性がペットのカンガルーに襲われた。男性は一人暮らしで、午後5時頃に敷地内で重傷を負って倒れているところを親戚によって発見され、救急車が要請された。

ところがカンガルーは敷地内に入ろうとする救急隊員に対しても攻撃的で、その後応援に駆けつけた警察官に銃で殺処分された。

この事故を受け、西オーストラリア警察のスポークスマンは次のように説明した。

「凶暴化したカンガルーが救急隊員を威嚇し続けたため、我々は銃を使用しカンガルーを安楽死せざるを得ない状況でした。男性は11日の早い時間帯にカンガルーの襲撃を受けたとみられており、現場で死亡が確認されました。野生のカンガルーをペットとして飼っていたようです。」

なお男性が飼っていたカンガルーの種類は明らかになっていないが、『Perth Zoo』によると、南オーストラリアに広く生息するクロカンガルーは、大きいオスでは頭から尻尾までの全長が222センチ、体重は53.5キロにもなるという。

カンガルーが人間を襲うことは稀だが、筋肉質なオス同士の戦いは激しく、攻撃する時は鋭い爪がついた前足を使って相手と組みあったり、パワフルな後ろ足を使って蹴りを入れるなど凶暴化する。

「オーストラリア爬虫類公園(Australian Reptile Park)」のライフサイエンス・マネージャー、ヘイリー・シュートさん(Hayley Shute)は「男性を襲撃したのはオスだろう」と推測、「オスのカンガルーの習性、体格、強さを考えれば、男性が野生動物であるカンガルーを“ペット”として飼い、その結果襲われて死亡したことに驚きはない」と明かすとこのように述べた。

「オーストラリアのアイコンにもなっているカンガルーの写真は、メスのお腹の袋から赤ちゃんが顔を出した可愛らしいものですが、オスは全く違います。野生動物には敬意を払い、特にオスのカンガルーの危険性についてしっかり認識してもらいたいと思います。」

ちなみにオーストラリアでのカンガルーの襲撃による死亡事故は1936年以来、86年ぶりだという。今回死亡した男性の死因は明らかにされていないが、当時亡くなったのはニューサウスウェールズ州のウィリアム・クルックシャンクさん(William Cruickshank、38)で、カンガルーに襲われた2頭の飼い犬を助けようとして顎を骨折、頭部の怪我が致命傷となったという。

画像は『9News 2022年9月13日付「Kangaroo kills man on Western Australian property」(9News)』『news.com.au 2022年9月13日付「Man, 77, killed by wild pet kangaroo in rural Western Australia」(Picture: Lea Scaddan / Comedy Wildlife Photography Awards 2021)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)