父親が異なる双子を出産した女性、“思い当たること”を赤裸々に告白(ブラジル)

父親が異なる双子を出産した女性、“思い当たること”を赤裸々に告白(ブラジル)

父親が異なる双子を出産した女性、“思い当たること”を赤裸々に告白(ブラジル)の画像

このほどブラジル在住の19歳の女性が、父親の異なる双子を出産していたことが明らかになった。女性の出産を担当した主治医によると「100万分の1の確率」で非常に珍しいケースだという。『New York Post』『The Mirror』などが伝えている。


ブラジル、ゴイアス州ミネイロス在住の匿名の女性(19)は昨年に双子を出産したが、双子の父親が同一人物ではないことが分かり多くの関心を集めている。双子の母親は出産した当時、未婚でこれといったパートナーもいなかったようだ。しかし双子が生後8か月を迎えた頃に父親が誰なのか気になり、心当たりのある男性に連絡を取りDNAを採取して父子鑑定を行ったという。

鑑定の結果、この男性のDNAと一致したのは双子の1人のみだった。その時女性は、同じ日にこの男性以外にも別の男性と性交渉をしていたことを思い出した。女性はメディアのインタビューで「他にも関係を持ったことを思い出して、その男性に鑑定を受けさせたら双子のもう1人と一致したんですよ」と告白している。

現在の双子は1歳4か月に成長しているが、この珍しいケースは女性の主治医であるトゥーリオ・ジョルジ・フランコ氏(Tulio Jorge Franco)によって最近になって明らかにされた。フランコ氏によるとこのような父親が異なる双子の妊娠は「異父過妊娠」と呼ばれ、過去に20例ほどしか確認されていないという。同氏は地元メディアのインタビューに応じ、このように述べている。

「1人の女性が異なる男性の精子を別々の卵子に受精するということはあり得ることです。赤ちゃんは母親の遺伝子を共有しますが、別々の胎盤で育っていくのです。これは100万分の1の確率という極めて稀なことで、私も人生でこのようなケースを目にするとは思いもしませんでした。」

女性によるとその後、関係を持った2人の男性のうち1人が双子の父親になることを承諾してくれたそうで、男性は正式に親子関係の届け出をした。女性は「彼は双子の面倒をよく見てくれて、私のためにも色々手伝ってくれます。彼は子供たちが必要とする全てのことをしてくれるんです」と語っている。

女性はその男性と双子とともに幸せに暮らしているようだが、2019年には中国で、双子の父親がそれぞれ異なる男性だったことがDNA鑑定の結果で明らかになった事例は、思わぬ形で妻の浮気が発覚したという。

画像は『G1 2022年9月7日付「Gêmeos de pais diferentes: entenda como pode acontecer esse tipo de gestação raríssima」(Foto: Reprodução/Redes Sociais)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)