車椅子生活の飼い主が数年ぶりに歩く その姿に嬉しさで興奮する介助犬(米)<動画あり>

車椅子生活の飼い主が数年ぶりに歩く その姿に嬉しさで興奮する介助犬(米)<動画あり>

車椅子生活の飼い主が数年ぶりに歩く その姿に嬉しさで興奮する介助犬(米)<動画あり>の画像

盲導犬や介助犬は、普段から感情を露わにした行動を取らないように訓練されているという。ところがアメリカで車椅子生活の飼い主を支える介助犬は、数年ぶりに車椅子なしで歩く飼い主の姿に感激してしまったようだ。犬が嬉しそうに飛び跳ねている動画がSNSに投稿され、人々の心を温かくしている。『The Dodo』『Hasan Jasim』などが伝えた。


米ミシガン州在住のアカウント名「Cienna, Piper, & Opie」さん(以下、シェンナさん)が先月8日、Instagramに投稿した動画が人々の関心を集めている。そこには長い間、車椅子で生活してきたシェンナさんが杖を使ってゆっくりと歩く姿があった。

シェンナさんは数歩程度歩いただけだったが、その横で雄の介助犬“パイパー(Piper、5)”が彼女の歩く姿を見て興奮気味にジャンプしていたのだ。パイパーはシェンナさんの容体が改善していると感じ取ったようで、嬉しさを抑えきれなかったようだ。

実はシェンナさんは、自律神経系の細胞の乱れにより様々な症状が現われて命に関わることもある遺伝性の疾患「家族性自律神経失調症」を患っており、ほかにも肥満細胞活性化症候群やカルニチン欠乏症などの希少疾患を抱えている。そのため彼女は車椅子での生活を送っており、パイパーがシェンナさんの代わりに床の物を拾ったり物を持ってくるなどのサポートをしているという。

またパイパーは医療アラート犬としての訓練も受けており、生活のサポートだけでなくシェンナさんが低血圧で失神しそうになると教えてくれたり、過去にはシェンナさんの息から出る二酸化炭素濃度が高くなったことをかぎ分けて、シェンナさんの呼吸が止まってしまったことにすぐさま気づき必死に彼女を起こして命を救ったこともあったそうだ。もしパイパーがそばにいなかったら、シェンナさんは長時間息が止まっていたことで死に繋がっていたかもしれないという。

そんな中でシェンナさんは今年7月、アリゾナ州のメイヨー・クリニックである種のがんや自己免疫疾患の治療に使用されるリツキサン点滴治療を受けた。自律神経失調症の改善を期待した治療だったが、これが功をなしたのかシェンナさんの容体は以前よりも徐々に改善され、自分で立つことができるまでになった。

その後、シェンナさんはパイパーを連れて外に出て車椅子なしで歩く姿をSNSに投稿した。すると我が事のように喜ぶパイパーの姿に「とても幸せそう」「喜びっぷりが素敵だね」といった声が届き、人々の心を温かくしたようだ。またシェンナさんも『The Dodo』のインタビューに応じ、「私たちにとっても、本当に感動的な瞬間でした」と明かしている。

パイパーは普段、仕事を離れて遊びの時間になるとボートから水辺にジャンプしたり、スプリンクラーの水を追いかけたりといった水遊びに夢中になるという。シェンナさんはそんなパイパーに愛と敬意を示し、次のように語った。

「パイパーは私がどんな移動補助器具を使ってもその横でどのように働けばいいかを察知して、絶えず状況の違う私の症状を軽減する方法を知っているのです。それだけでなくパイパーはいつも私を笑わせてくれて、私を一番に応援してくれる最高のチアリーダーなんです。命を救うために働いてくれるパイパーがいなかったら今日、私はここにいなかったでしょう。」

画像は『The Dodo 2022年9月8日付「Service Dog Jumps For Joy When He Sees Mom Finally Walk Again」(IMAGE:INSTAGRAM/CHRONICALLYPERSEVERING)』『Cienna, Piper, & Opie 2022年8月27日付Instagram「It’s always better when we’re together!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)