恐怖のヤマアラシ! 襲われた飼い犬、針毛が心臓にまで達し息絶える(米)<動画あり>

恐怖のヤマアラシ! 襲われた飼い犬、針毛が心臓にまで達し息絶える(米)<動画あり>

恐怖のヤマアラシ! 襲われた飼い犬、針毛が心臓にまで達し息絶える(米)<動画あり>の画像

外遊びが大好きなオスの飼い犬が今月2日、庭にいたヤマアラシに襲われた。ヤマアラシの針毛は硬くて鋭く、一度刺さるとなかなか抜けないことで知られており、飼い犬は針が心臓まで達して8日後に息を引き取った。獣医が「これほど酷いケースは見たことがない」という犬の悲劇を『NJ.com』などが伝えた。


米ニュージャージー州サセックス郡で2日午前2時頃、ミランダ・ディジェンナーロさん(Miranda DeGennaro、22)が飼っているピットブルのミックス“チェスター(Chester、9)”がヤマアラシに襲われた。ミランダさんが「就寝前にもう一度だけ」と室外に放した直後の事故だった。

「チェスターがテラスを走り、異常に吠えていることに気付いて急いで駆けつけました。でも遅すぎたのです…。チェスターは鳴きながら、顔に刺さった針毛を必死に抜こうとしていました」と回顧するミランダさん。愛犬は頭からつま先まで無数の針毛で覆われており、そのまま夜間の救急対応をしているサセックス郡のニュートン動物病院に駆け込んだ。

ミランダさんはその夜のことをこのように振り返る。

「獣医はチェスターの顔をはじめ、体に刺さった針毛をできるだけ多く取り除いてくれました。しかし20本以上の針毛は胸のかなり深くにまで達していたうえ、ヤマアラシに襲われた時に針毛のいくつかを飲み込んでいて、『専門医による手術が必要』と言われました。チェスターの体内の針毛が心臓を突き刺してしまうことを心配していたようでした。」

ニュートン動物病院で一夜を過ごしたチェスターはその後、バーゲン郡のオラデル・アニマル病院に転送されて手術を受けた。針毛は心臓を包む心膜にまで達していたそうで、ミランダさんは「針毛は心臓、肺、食道、消化器官などいたるところで見つかったのです」と明かし、ヤマアラシの恐ろしさについて次のように説明した。

「実は(北米の)ヤマアラシの針毛の表面には、鱗状の“返し”があるのです。そのため一度刺さってしまうと抜けにくい構造になっているのです。」

「手術後のチェスターは一旦は快方に向かいましたが、数日後に容体が悪化し、10日に息を引き取りました。私たちは当初『手術をすれば助かるだろう』と信じていたので、このような結果になり悲しみに打ちひしがれています。」

なおミランダさんは、チェスターが子犬の頃から可愛がってきたそうで「チェスターは遊びや冒険、車に乗ることが大好きなやんちゃなオス犬でした。それに狩りをするのも大好き。あの日チェスターはヤマアラシにちょっかいを出し、悲劇が起きてしまったのです」と肩を落とし、次のように注意喚起した。

「私は自宅の近くにヤマアラシが生息していることさえ知りませんでした。チェスターのような好奇心旺盛な犬を飼っている人は特に、夜間出没するヤマアラシには十分気を付けることが必要です。ヤマアラシの針毛は愛犬の命を奪ってしまうほど危険なのですから!」

ちなみにチェスターの手術代は約280万円(19500ドル)以上になり、今月8日に立ち上げられたクラウドファンディングサイト「GoFundMe」には、1週間で目標額の約143万円(1万ドル)を超える寄付が集まった。同サイトには14日、「チェスターが天国へ旅立ったことを報告するのは心が痛みます。みなさん、たくさんのサポートと愛をありがとう」と感謝の言葉が記された。

画像は『NJ.com 2022年9月13日付「Family dog dies after fight with porcupine outside N.J. home」(Photo courtesy of Miranda DeGennaro)』『New York Post 2022年9月13日付「Poor New Jersey pooch dies after fight with porcupine」(Miranda DeGennaro/Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)