「捨てなさい!」散歩中に拾ったナイフをくわえて“武装する犬”に動揺する男性(米)<動画あり>

「捨てなさい!」散歩中に拾ったナイフをくわえて“武装する犬”に動揺する男性(米)<動画あり>

「捨てなさい!」散歩中に拾ったナイフをくわえて“武装する犬”に動揺する男性(米)<動画あり>の画像

散歩中に落ちていた小枝や棒などをくわえて持ち帰ろうとする犬もいるが、アメリカのある男性は犬を散歩させている途中、道端で拾ったナイフを口にくわえた犬の姿に驚いてしまったという。SNSに投稿された動画には、犬に向かって何度もナイフを捨てるように懇願する男性の動揺した声が聞こえていた。『New York Post』『WiLD 95.5』などが伝えている。


米オハイオ州シルバニア在住のマット・パプロキさん(Matt Paprocki、42)が今月7日、犬を散歩させていた時の動画をTwitterに投稿したところ、370万回以上も再生されるほど注目を集めた。動画にはマットさんが友人の飼っている雄のグレート・ピレニーズ“テオ(Theo、1)”を散歩させる様子があった。

ところがテオの口には散歩中に拾ったとみられる食卓用のナイフがくわえられており、驚いたマットさんは「ナイフを捨てなさい」と何度も命令している。しかしテオはマットさんの訴えに全く耳を貸すことなく、カメラ目線のままナイフをくわえて放さなかった。そんな反抗的な態度のテオは、まるで武装してマットさんを脅しているようにも見える。

マットさんは「テオ捨てなさい! あぁなんてことだ。相棒、分かるかな…それを捨てるんだ」とテオに冷静に話しかけようとしているものの、明らかに動揺していることがうかがえた。マットさんはメディアのインタビューに応じ、当時のことをこのように語っている。

「僕はテオがいつものように棒きれでもくわえているのかと思ったんです。でも目に飛び込んできたのはキラッと光る金属製のナイフだったんですよ。もうすぐにパニックになりました。」

またマットさんによると、グレート・ピレニーズは何か興味のあるものを見つけると、それをくわえたまま決して口から放さない性格だという。彼はさらにこう続けた。

「グレート・ピレニーズの場合、もっと他に興味のあるものを見せてそれと交換させる必要があるのです。それで僕は持っていたペット用のクラッカーを見せたんですが、うまくいきませんでした。棒も試したんですがダメでしたね。この時はテオが飛び跳ねながらナイフで遊んで、怪我でもするんじゃないかととても心配でした。」

「それで僕は、近くで仕事をしているテオの飼い主である女性に動画を撮って送ったんです。すると彼女は家にあったテオが好きそうなものを持って、数分以内に来てくれたんです。はじめにホイップクリームを与えたんですがダメで、サーモンをあげたらやっとナイフを放してくれて。彼女はすぐにナイフをつかんでテオから遠ざけました。」

テオもマットさんも怪我ひとつなかったが、SNSではナイフをくわえたまま悪戯っぽい表情を浮かべているテオに笑いがこみ上げた人もいたようで、このような声が届いた。

「テオは典型的なグレート・ピレニーズだね(笑)」
「もうこうなったら、欲しいものをあげるしかないね。」
「なんてこった! これって(ゲームの)『グレート・グレイ・ウルフ』のシフのようだ。」

中には「うちの犬も台所のシンクからステーキナイフをくわえて来て、ビスケットと交換したことがあるよ」といった声も見られ、テオのようにナイフをくわえて飼い主を青ざめさせた犬が他にもいたようだ。今回“武装したテオ”にかなり動揺したマットさんだが、「今となってはちょっとした笑い話になっています」と話している。

画像は『Matt Paprocki 2022年9月7日付Twitter「I’m 42. I’ve owned dogs my entire life.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)