見知らぬ若者に手術痕をからかわれた10歳少年 「傷痕はファイターである証」と母親(英)

見知らぬ若者に手術痕をからかわれた10歳少年 「傷痕はファイターである証」と母親(英)

見知らぬ若者に手術痕をからかわれた10歳少年 「傷痕はファイターである証」と母親(英)の画像

イギリス在住の10歳の少年は「頭蓋骨縫合早期癒合症」を持って生まれた。それは通常よりも早い時期に頭蓋骨が癒合してしまう疾患で、放っておくと頭蓋骨の変形だけでなく失明や脳障害などを引き起こす可能性があるという。生後8か月で頭蓋骨を分離する手術を受けた少年の頭部には現在も大きな傷が残っているが、両親は「傷痕はファイターである証」と教えてきたそうだ。しかし先日、見知らぬ若者にからかわれた少年は深く傷つき、傷痕を気にするようになってしまったという。『The Mirror』『WalesOnline』などが伝えている。


英ウェールズ南東部カーディフのイーリーで暮らすレオ・ハッチンソン君(Leo Hutchinson、10)は先天性疾患である「頭蓋骨縫合早期癒合症」を持って生まれた。

通常赤ちゃんの頭の骨は何枚か分かれており、脳の成長にあわせて骨も拡大する。そして大人になるにつれて骨と骨の繋ぎ目が塞がり強固な頭蓋骨が作られていくが、「頭蓋骨縫合早期癒合症」を抱えていると早い時期に骨が癒合してしまうため頭蓋骨の変形や脳障害などを引き起こす可能性があるという。

アルダー・ヘイ小児病院(Alder Hey Children’s Hospital)によると「頭蓋骨縫合早期癒合症」は出生児約3000人に1人の割合で発症し、男児の発症率は女児の4倍になるそうだ。

レオ君は癒合した頭蓋骨を分解するため、生後8か月の時にバーミンガム小児病院(Birmingham Children’s Hospital)で9時間にも及ぶ手術を受けた。さらに2年後には視神経の腫れを治す手術を受けたため、彼の頭頂部から耳にかけては現在も大きな傷痕が残っている。

そんなレオ君はこのほど、近所の理容院に出かけた帰り道に見知らぬ若者たちから傷痕をからかわれてしまった。

母親のジョージアさん(Georgia、28)は、当時のことをこう振り返っている。

「新学期が始まる前に、レオは父親と一緒に髪を切りに行きました。そして理容院から出ると、10代と思われる若者たちとすれ違ったそうです。その時、彼らから『この子の髪型を見てよ、誰かにお金を払ってこんな髪型にしてもらったの?』と言われたみたいで…。その言葉はレオの小さな心を傷つけて、その日はずっとパーカーを被って過ごしていました。傷痕を気にしていたのは、その時が生まれて初めてのことでした。私たちはいつもその傷痕について​​、レオが素晴らしいファイターであることを世界に示すバッジのようなものだと教えてきたんです。でも考えが浅い若者たちのせいで息子は深く傷ついてしまったのです。」

ジョージアさんはさらに、若者たちの何気ない言葉がレオ君に与えた影響を理解してほしいとしてこのように述べた。

「もし彼らがこれを読んでいたら、優しさにはお金がかからないということを知ってほしいと思います。いい言葉が見つからないなら、何も言わないでほしい。息子がこれまでどんな思いをしてきたか、どんな苦労をしてここまで来たか彼らには分からないでしょう。若者たちには自分の言葉で人を傷つけたことを反省してほしいです。彼らの人生でこんなにもつらい思いをすることがないように祈っています。」

なおこのニュースには、「レオ君は勇敢な少年だ。いじめっ子は恥ずかしい」「あなたはとても強くて素敵です。誇りを持ってください。レオ君に幸あれ」「自分は彼らより強いということを忘れないでください。いじめっ子の前ではいつも笑顔で」などレオくんを応援するコメントが寄せられている。

画像は『WalesOnline 2022年9月12日付「Angry mum hits out at bullies who mocked her young son’s life-saving surgery scars」(Image: Georgia Hutchinson)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連記事(外部サイト)