後ろ足が麻痺した飼い犬、散歩用のハーネスを見て大興奮 (カナダ)<動画あり>

後ろ足が麻痺した飼い犬、散歩用のハーネスを見て大興奮 (カナダ)<動画あり>

後ろ足が麻痺した飼い犬、散歩用のハーネスを見て大興奮 (カナダ)<動画あり>の画像

後ろ足が麻痺した犬が、散歩用のハーネスを持って近づいてくる飼い主を見て大興奮する姿を捉えた動画が話題となっている。動画は公開から6日間で再生回数が770万回を超えており、「心がとけそう」「泣けてくる」といったコメントが多数寄せられている。『PetsRadar』が伝えた。


カナダのオンタリオ州オタワに住むロビン・ジャスミンさん(Robyn Jasmine)は2020年12月、後ろ足が麻痺した野良犬“ローズ(Rose)”を引き取った。

ローズはインドで同年10月に交通事故に遭い、瀕死の状態で道路に横たわっていたところを保護されたメス犬で、里親を探す団体のスタッフから連絡を受けてロビンさんが自宅に迎え入れたのだった。

事故からもうすぐ2年、新しい環境にすっかり慣れたローズは、ロビンさんが飼っているもう1頭の保護犬“メープル(Maple)”と散歩をするのが大好きだそうで、出かける時には必ず車椅子用のハーネスを付ける。

そんなローズのお散歩直前の姿を捉えた動画が12日、TikTokに投稿され注目を浴びた。

動画では、ロビンさんがハーネスを持って近づいていくと、居間の犬用ベッドの上でくつろいでいるローズが前足を何度も上げ、大はしゃぎしているのが見て取れる。後ろ足は動かないもののまるで上半身だけでジャンプでもするような勢いで、ローズが散歩に行くことを理解し興奮しているのは一目瞭然である。

なおこの16秒の動画には「心がとけそう」「ああああ、なんてキュートなの!」「幸せいっぱいね!」「泣けてくる」「散歩が大好きなのね!」「こんな反応をされたら、何度でも散歩したくなるわよね」「小さな天使のよう」といったコメントが多数寄せられ、多くの人の心をほっこりさせて拡散中である。

動画への大きな反響にロビンさんは大変驚いているようで、「ローズは今、最高の人生を生きているの!」とコメント、TikTokやInstagramにちょっぴりやんちゃなローズの写真や動画を投稿し続けている。

ちなみに2020年には、耳に障がいを持って産まれた2歳半の犬が飼い主の「散歩に行くわよ」という手話に反応し、大興奮する様子を捉えた動画が話題となった。

画像は『Rose 2022年9月12日付TikTok「Paralyzed dog sees her wheelchair harness so she can walk」、2022年9月13日付TikTok「Replying to @D_Amaris_Colllections」』『Rose 2022年5月24日付Instagram「Rose socialized with other doggos today!」、2022年7月2日付Instagram「Watch Rose… PLAY WITH OTHER DOGS!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)