フライト中の元看護師、呼吸停止した生後3か月の赤ちゃんを救う「あの場にいてよかった」(米)<動画あり>

フライト中の元看護師、呼吸停止した生後3か月の赤ちゃんを救う「あの場にいてよかった」(米)<動画あり>

フライト中の元看護師、呼吸停止した生後3か月の赤ちゃんを救う「あの場にいてよかった」(米)<動画あり>の画像

今月8日、フライト中だった機内で生後3か月の赤ちゃんの呼吸が停止し両親がパニックに陥った。機内で医療関係者を探す放送が流れると元看護師の女性が名乗り出て、原因が分からない中で呼吸をしていない赤ちゃんのために処置を行った。しばらくすると赤ちゃんは再び呼吸をし始め、女性はのちに「あの場にいることができて本当に良かった」と語っている。『FOX 35 Orlando』などが伝えた。


米ペンシルベニア州ピッツバーグからフロリダ州オーランドへ向かっていたのは、米格安航空会社「スピリット航空」が運航する飛行機だ。同機に搭乗していたタマラ・パンジーノさん(Tamara Panzino)は、休暇のためにオーランドを訪れるところだった。

離陸してから約35分が経過した頃、タマラさんが耳栓をして本を読んでいた時に機内放送が流れた。「息をしていない乳児がいます」と驚きの事実とともに客室乗務員は医師がいないかどうか尋ねていたという。この放送を聞き、かつて看護師として20年以上働いていたタマラさんはすぐに立ち上がり、機内後方にいた乳児のもとへと駆け寄った。

乳児の様子をみたタマラさんは、「赤ちゃんが喉に物を詰まらせてしまっているのか、気道は確保できているのか分からず、何に対して処置をすればいいのか見当もつきませんでした。赤ちゃんを見ると頭は後ろに倒れていて唇は青く、肌も青白く変色していました。明らかに苦しんでいて、息をしていなかったのでショックでしたね」と当時の状況を明かした。

呼吸が停止していたのは、生後3か月のアンジェレちゃん(Anjelé)だった。とにかく何かをしなければと思ったタマラさんは、アンジェレちゃんを父親に抱きかかえてもらい胸部を強くさすり始めた。タマラさんは「赤ちゃんを泣かせたり深呼吸をさせることができれば…」と考えていたと言い、アンジェレちゃんを揺さぶるように必死で胸部を撫で続けた。

これが正しい処置なのかも分からないままだったがしばらく続けていると赤ちゃんの顔色が良くなってきたそうで、「嬉しかったですよ。そのまましばらく強めに胸部をさすっていました。呼吸や心臓の音が聞こえ、本当に一安心でした」とタマラさんは振り返っている。

当時、同機に搭乗していた米メディア『FOX 35 Orlando』の気象予報士イアン・カセットさん(Ian Cassette)が動画を撮影しており、機内前方で父親とみられる男性がピンクの服を着たアンジェレちゃんを抱きかかえており、アンジェレちゃんが笑顔を見せると大きな拍手が沸き起こっていた。イアンさんによると、アンジェレちゃんの両親は「今回のような状況は初めてのことで、本当に恐ろしかった」と語っていたという。

今回の件についてスピリット航空は「名乗り出てくれたタマラさんに感謝の意を、そして迅速に対応した客室乗務員に拍手を送ります」とコメントを公表した。

イアンさんがこの動画をTwitterに投稿すると、「心肺蘇生の方法を知っているのと、それを知りながら名乗り出て実際に行動するのは全く別のことだと思う。私だったら怖くてできないし、彼女はヒーローだよ」「看護師の鑑だ」「彼女は考える間も無かっただろうけど、それでも行動を起こしたんだ。素晴らしいよ」などタマラさんを称賛する声が届いた。

タマラさんは「ヒーローのようなことなんて何もしていませんよ。みんなが1つになり、持っている知識などを使ってできることをして助け合うのです。あの場にいることができて本当に良かったです」と自身の行動について明かしている。

なおフライトは無事オーランドに到着し、タマラさんは予定通りクルーズの旅に出かけることができたそうだ。

画像は『Ian Cassette FOX 35 2022年9月8日付Twitter「On my flight back from Pittsburgh to Orlando,」』『TODAY 2022年9月13日付「Retired nurse saves baby who stopped breathing on flight」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)