野生のアザラシ、ビーチで犬と一緒にボールを追いかけて遊ぶ(米)<動画あり>

野生のアザラシ、ビーチで犬と一緒にボールを追いかけて遊ぶ(米)<動画あり>

野生のアザラシ、ビーチで犬と一緒にボールを追いかけて遊ぶ(米)<動画あり>の画像

海棲哺乳類の中でイルカは人懐っこいことで知られるが、このほどアメリカのビーチにフレンドリーな野生のアザラシが現れた。犬と一緒になってボールを追いかけて遊ぶアザラシの姿はSNSに拡散され、多くの人に笑顔をもたらしている。『New York Post』『Best Life』などが伝えた。


米カリフォルニア州サンタクルーズのビーチで撮影された野生のアザラシの動画が注目を集めている。動画はサーフ・フォトグラファーのデイブ・ネルソンさん(Dave Nelson)が先月12日にInstagramに投稿したもので、海の浅瀬から頭をのぞかせているアザラシと愛犬の“モエ(Mokuleia、略してMoe)”が元気に飛び跳ねる姿があった。

どうやらアザラシはデイブさんがモエのために持ってきたボールに興味があるようで、じっとデイブさんとモエの様子をうかがっている。そんなアザラシにデイブさんが「お前、これに興味あるのか?」と声をかけると、ボールを遠くに放り投げた。

その瞬間、アザラシはボールが飛んでいった方向に素早く弧を描きながら泳いでいった。するとモエも負けじと追いかけ、海の浅瀬に落ちたボールをアザラシよりも先に素早くキャッチした。その様子はまるで2匹の犬が仲良く遊んでいるようにも見える。デイブさんは一緒にボール遊びをするアザラシに驚いたようで「ワーオ!」と感嘆の声をあげていた。

実はこの遊び好きのアザラシとの出会いは、この日が初めてではなかったようだ。デイブさんは今回の投稿でこのように綴っている。

「ほぼ毎朝、モエを連れてビーチに散歩に行くんです。私とモエはその美しい場所での時間が大好きなんです。でも最近、モエの動きに合わせてついてくる仲間が現れたんです。水面から水中へと泳いで、私たちの後を追ってくるんですよ。そんなアザラシを私たちは“サミー(Sammy)”と呼ぶことにしました。」

「サミーは数日前に自ら挨拶に来て、ずっと泳いでついて来たんです。そしてボールを投げた時にモエがキャッチできず(普段は落とさないんだけど)ボールを落としてしまい、1メートルほど泳いでボールを追いかけたんですがその時、モエとサミーは一瞬だけお互いの鼻をくっつけて匂いを嗅ぎあっていました。明らかにお互いのことが気に入った様子で、サミーは『こんにちは』とでも言ってるかのように何度か優しく鳴き声をあげていました。」

この動画の反響は大きく、ユーザーから「今まで見た中で最も驚きの映像だ」「異種間の友情は格別だよね。素晴らしい」といった声が寄せられた。また動画はTwitterアカウント名「StrictlyChristo」さんによって今月5日にシェアされたところ、253万回以上の再生回数を記録した。38秒ほどの動画だが、モエとサミーの姿は多くの人に驚きと感動を与えていた。

ちなみにサンタクルーズから海岸沿いに北上したところにアニョヌエボ州立公園がある。同公園はアザラシの保護区となっており、ガイド付きで見学もできる。そんな環境ゆえにこの地域ではサミーのような野生のアザラシに出会う確率が高いようだ。

画像は『New York Post 2022年9月10日付「Video of seal and dog playing fetch together goes viral」(Twitter/@christoq)』『Dave “Nelly” Nelson 2022年8月12日付Instagram「Almost every morning I take Moe (Mokuleia) to the beach.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)