子宮摘出手術を受けた息子の妻のために 56歳女性が代理出産へ(米)

子宮摘出手術を受けた息子の妻のために 56歳女性が代理出産へ(米)

子宮摘出手術を受けた息子の妻のために 56歳女性が代理出産へ(米)の画像

たくさんの子供を持つことが夢だった息子夫妻のために、アメリカ在住の56歳の女性が代理出産を決意した。6年間にわたる不妊治療の末、2組の双子を授かることができた夫妻だったが、前回の出産時に起きた合併症により妻は子宮摘出を余儀なくされたという。今年2月に行われた胚移植で妊娠が確認された女性は、11月に孫にあたる女児を出産する予定だ。『New York Post』などが伝えている。


米ユタ州で暮らすナンシー・ハウクさん(Nancy Hauck、56)は現在、息子ジェフさん(Jeff、32)とその妻であるカンブリアさん(Cambria、30)の子供を妊娠している。

ナンシーさんは今年11月、ジェフさん夫妻の第5子となる女児を代理出産する予定だ。

ジェフさん夫妻は6年間にわたる不妊治療の末、双子の女児ヴェラちゃん(Vera、3)とアイヴァちゃん(Ayva、3)を授かった。

そして昨年9月には双子の男児ディゼール君(Diseal)とルカ君(Luka)が誕生したが、出産時に合併症を起こしたカンブリアさんは子宮摘出を余儀なくされたという。

たくさんの子供を持つことを希望していた夫妻の夢が絶たれてしまった中、ナンシーさんはその願いを叶えるために代理出産を決意したそうで、当時の心境をこのように明かした。

「息子夫婦は長い間、不妊治療で苦労していました。カンブリアは前回の出産時に合併症を患い、子宮を摘出したのです。彼らには体外受精のための胚が7つ残っていて、それを全部使いたいと話していました。それなのに自分たちの子供はもう抱くことができなくなってしまったのです。そんな時、私は代理出産を申し出るべきだと思ったのです。そのことをジェフに伝えると、驚いて涙を流していました。その時点ではまだ夫のジェイソン(Jason、59)には話していなかったのですが、今では本当によくサポートしてくれています。」

一方のジェフさんは、「長年の不妊治療の経験からその複雑さを知っていた私は、母に代理出産が可能なのかどうか分かりませんでした。それでも母の気持ちはとても嬉しかったのです。家族のためにそこまでしてくれる愛情深い母親がいることに感謝しました」と振り返った。

自身も5人の子を出産したナンシーさんは「代理出産に挑む覚悟はできていた」と言うものの、56歳で実際に妊娠できるかどうか確信が持てずにいたそうだ。だが病院で詳しい検査を受けた結果、医師からは妊娠可能だと判断された。

「代理出産するには、私が閉経を迎える前に早めの行動を起こす必要がありました。ジェフとカンブリアには昨年生まれたばかりの双子がいるので、もう1人授かるにはまだ早いかなと思って…。なのでどうするかは彼らに委ねましたが、2人は5人目の子供を持つことを決意したのです。」

そのように語ったナンシーさんは今年1月からホルモン治療を開始し、2月に胚移植を受けた。そして数日後に妊娠が判明した。

その結果についてジェフさんは「本当に驚きました。何十本もの注射を打って妊娠の準備をしてきたのは事実ですが、まるで奇跡が起きたような気分でした」と話している。

その後も妊娠を継続させるため、ジェイソンさんの協力を得て12週間毎日、自己注射を行ったというナンシーさん。そんな彼女に対し、カンブリアさんは「私たち夫婦、そして家族のために多くの犠牲を払ってくれた母には感謝の気持ちでいっぱいです。彼女は素晴らしいの一言に尽きます。妊娠には輝きが伴うと言いますが、母はまさにたくさんの光と優しさに満ちているんです」と感謝の気持ちを述べた。

5月には赤ちゃんが女の子であることが分かって大喜びしたという一家は、現在もグループメールで常に連絡を取り合い、妊娠中のナンシーさんを励まし続けているという。

そんな家族のサポートについて、ナンシーさんはこのように明かす。

「息子夫婦をはじめ家族のサポートはとても素晴らしいものです。ジェイソンは私の世話と料理をしてくれて、カンブリアとジェフは週に一度は夕食を持って来てくれます。最初は私の体調を心配していた他の子供たちも、今では家族が増えることを楽しみにしています。」

「56歳で妊娠するなんて想像もしていませんでしたし、こんなことが可能になるなんて思いもしませんでした。でもとても素晴らしいことです。妊娠するのは26年ぶりで、つわりもあったし不安もありますが、息子を身ごもった時とよく似ています。孫娘に会える日が待ち遠しくて仕方ありません。」

なおナンシーさんの出産予定日は11月5日で、出産にはジェイソンさんとジェフさん、カンブリアさんが立ち会う予定だという。

画像は『New York Post 2022年9月22日付「I’m pregnant with my own son’s baby」(Courtesy Nancy Hauck / SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連記事(外部サイト)