ヘビに噛まれたか? 顔が3倍に腫れ“スヌーピー”のようになった犬(中国)

ヘビに噛まれたか? 顔が3倍に腫れ“スヌーピー”のようになった犬(中国)

ヘビに噛まれたか? 顔が3倍に腫れ“スヌーピー”のようになった犬(中国)の画像

顔が腫れ上がり、まるで米漫画『ピーナッツ』に登場するビーグル犬“スヌーピー”のようになってしまった飼い犬が話題になっている。一体何が起きたのか? 『The Mirror』などが伝えた。


中国河南省南東部、信陽市に住む黄(ファン)さんは先月25日、飼い犬の顔が異様に腫れていることに気付き、獣医のもとに駆け込んだ。

「顔が普段の3倍ほどに腫れ上がり、両目を開けていることもやっとのようだった。命の危険を感じるほどでショックだった」と当時を振り返る黄さん。獣医はすぐに顔の腫れを引かせるための注射をしたそうで、黄さんは「最初は心配で仕方なかったの。でも顔の左側の腫れが引いてきたのを見た時は、少し安心したわ」と明かす。

黄さんは飼い犬の顔が腫れた原因について「我が家の周りにはミツバチやスズメバチはいないの。だからきっと、夜間にヘビに噛まれたのだと思う」と地元メディアに語り、ビフォーアフターの写真を公開した。

それを見ると、ビフォーはキリっと引き締まった顔であるのに対し、アフターは両頬にコブをぶら下げているかのように腫れており、あまりにも痛々しい犬には次のようなコメントが寄せられた。

「ビフォーアフターを見ると、全く別の犬のよう。」
「かわいそう。これは痛いよね。」
「こんなふうに犬の顔が腫れ上がるのを見たのは初めて。大変だったね。」
「早く良くなるといいね!」
「こんなことになって同情する。でも笑いが止まらない。」
「犬は襲われる前、ヘビを挑発するようなことをしたのかもね。」
「小さな体に巨大な顔…。これはまさにスヌーピー!」
「絵文字のようだね。」
「もし毒ヘビだったら、その場で死んでいたろうね。だから不幸中の幸いだよ。」

そして黄さんはというと、飼い犬の健康を心配してくれた人々や災難をジョークで笑い飛ばしてくれた人々に対して「ありがとう」と感謝の言葉を述べている。

ちなみにヘビが原因ではないもののブラジルでは先月、リップフィラーの失敗で顔が腫れ、“スヌーピー”のようになってしまった女性が話題となった。

画像は『The Mirror 2022年10月2日付「Dog’s face BALLOONS and is left looking like Snoopy after snake bites him」(Image: AsiaWire)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)