高齢者施設にストリッパー登場、女性入居者が発作で倒れるも“ヤラセ”と判明(コロンビア)<動画あり>

高齢者施設にストリッパー登場、女性入居者が発作で倒れるも“ヤラセ”と判明(コロンビア)<動画あり>

高齢者施設にストリッパー登場、女性入居者が発作で倒れるも“ヤラセ”と判明(コロンビア)<動画あり>の画像

先月、台湾の高齢者施設で開催されたイベントで、スタッフが入居者のためにストリッパーを迎えたことから非難の声が殺到した。今度はコロンビアの高齢者施設で行われたパーティーにストリッパーが招待されて会場を大いに沸かせたが、入居者の高齢女性が男性ストリッパーに囲まれた途端に発作を起こして倒れてしまった。SNSではイベント主催者の女性に怒りの声が多数あがったが、のちに女性は「全て仕組んだもの」と明かしたことで物議を醸している。『New York Post』『The Sun』などが伝えた。


コロンビアのカルタヘナ市にある特別養護老人ホーム「Fundación Una Mano Amiga」で、先月に開催されたパーティーの動画が物議を醸している。動画はパーティーを企画した地元に住むインフルエンサーのナディア・カルタヘナさん(Nadia Cartagena)が先月27日にInstagramに投稿したものだが、そこには何人かのストリッパーがホームに入居している高齢者の前でセクシーなダンスを繰り広げていた。

ストリッパーの大胆な姿に唖然とする人もいれば、一緒にダンスをして楽しむ人もいた。ところが数人の男性ストリッパーが青いワンピースを着た高齢の女性を取り囲んだ後、楽しい雰囲気が一変してしまった。女性はいきなり胸を押さえて苦しそうにすると、発作を起こしたかのようにその場に倒れてしまった。動画では救急車が到着するまでの間、男性ストリッパーがうろたえた表情で女性を介抱する様子が捉えられている。

動画は到着した救急車に女性が運ばれるところで終わっており、パーティーを企画をしたナディアさんは動画の中で涙ながらにこう語っている。

「今日、私は高齢者の皆さんのためにエロティックなパーティーを開催したんです。でも私は人生で最大の恐怖を味わったのです。本当に何が起こるか想像していませんでした。本当に申し訳ありません。皆さんにただ楽しい思いをして欲しかっただけで、こんなことになるとは思ってもいませんでした。それで皆さんからもこのことについて意見が欲しいと思っています。」

するとユーザーからはこのような声が届いた。

「ナディア、君はやりすぎだよ。パーティーはいいけど別の方法でやらないと…。」
「純真な子供のような高齢者の方々になんてことを、あなたは間違ったことをした。」
「ナディア、こんなパーティーは適切だとは言えないよ。こんな残念な結果になっちゃって…。悲しいよ。」

中には「なんだか全部ヤラセのように見える」「最高のマーケティング戦略だね」と、ナディアさんが全部仕組んだフェイク動画ではないかと推測する声も見られた。動画には否定的なコメントが集まり人々の関心を集めることとなったが、後日この動画が演出されたものであることが判明した。先月30日にナディアさんは新たに動画を投稿しており、「動画で起きたことは全て企画したものだった」と明かしたうえで、発作を起こした高齢女性を演じた女性まで登場したのだ。

実はナディアさん、たびたびInstagramで障がいを持つ女性や子供たちのために支援を呼びかけており、今回は高齢者施設で起こっている問題の改善のためにカルタヘナ市長の注意を引くための演出された動画で「高齢者により良いケアと配慮が必要だ」というメッセージを伝えたかったという。そしてナディアさんはパーティーでの企画はあらかじめ許可を取って開催していたと主張し、このように話している。

「動画を作った目的は、おじいちゃんやおばあちゃんを困らせたり嫌がらせしたりするためではありません。もちろん利用するつもりもありませんでした。実際に私たちはこのパーティーの後に彼らに寄付させていただいたんですよ。」

ナディアさんの新たな動画にはいまだ非難の声があるものの、徐々に「全力で応援する」といった肯定的なコメントも増えつつあるようだ。

画像は『Tours en Cartagena 2022年9月27日付Instagram「Anciana sufre INFARTOOOO por fiesta sorpresa en Cartagena」、2022年9月30日付Instagram「Se infarto si o no la adulta mayor?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)