ワニの腹部から子供の遺体の一部、両親の目の前で襲われた8歳男児か(コスタリカ)

ワニの腹部から子供の遺体の一部、両親の目の前で襲われた8歳男児か(コスタリカ)

ワニの腹部から子供の遺体の一部、両親の目の前で襲われた8歳男児か(コスタリカ)の画像

コスタリカで11月26日、ワニの腹部から8歳男児のものと思われる遺体の一部が発見された。男児は約1か月前、両親の目の前で体長3.6メートルを超えるワニに襲われ、川に引きずり込まれてしまったという。『The Sun』などが伝えた。


コスタリカ東部リモン県のマティナで10月30日午後2時頃、フリオ・オテロ・フェルナンデス君(Julio Otero Fernández、8)が自宅近くを流れるマティナ川で遊んでいたところ、突然ワニに襲われた。

フリオ君はその日、両親と他の4人のきょうだい、親戚らと一緒に魚釣りのため川を訪れ、水深が膝丈ほどの浅い場所で遊んでいた。

ワニの襲撃を目撃した親戚の1人は事故の後、「巨大なワニがフリオに噛みついて振り回し、小さな頭をもぎ取った。そうして再びフリオの体をくわえると、水中に引きずりこんだ」と当時のことを語り、周りが何もできないままフリオ君が目の前で引きちぎられてしまったことを明かした。

さらに息子の死を目の当たりにした父ドン・フリオ・オテロさん(Don Julio Otero)も、肩を落としてこう述べていた。

「私の妻にとって最も残酷なことだったのは、ワニが息子の体をくわえながら泳ぎ去っていくのをただ見ているしかなかったことだった…。ワニは1時間以上経ってから再び水面に現れてね。その時もあの子をくわえていたよ。」

「現場にはその後、当局がやってきたけど、ワニを撃つことはしなかった。彼らは『我々は権限がないから』と一点張りで、私は『ワニのほうが息子よりも大切なのか…』と憤りを感じ、見捨てられた気分だった。」

一家はその後、フリオ君の姿をニ度と見ることはなかったものの、事故から約1か月後の11月26日にこんな一報が入った。

「フリオ君が襲われた現場近くで、3.6メートル超(約12フィート)のワニが銃で撃たれて死んでいるのが地元住民によって発見された。ワニの腹部をナイフで切り裂いたところ、フリオ君のものとみられる2本の骨と少量の髪の毛が見つかった。」

コスタリカではワニを殺すことは違法であるためハンターは逃げてしまったそうだが、フリオ君の母マージニ・フェルナンデス・フロレスさん(Margini Fernández Flores)はその後、つらい胸のうちをこう明かした。

「誰がワニを撃ったのかは分からない。でもワニは死んだの。そしてお腹の中から私の息子の遺体の一部が見つかったのよ。小さな骨と髪の毛がね。私はこれでずいぶん気持ちが楽になったの。ただ私たち家族のような苦痛を味わうことがないように、できれば全てのワニを殺してしまって欲しい。」

なお地元当局は現在、遺体の一部のDNA鑑定を行っており、結果はまだ分かっていないという。

一家はバナナのプランテーションで働くためにニカラグアから4年前にやってきた労働者で、マージニさんは「これから故郷に帰ろうと思っている」と述べ、こう続けた。

「フリオの思い出がいっぱい詰まったマティナの家にこのまま居続けることなどできないわ。それに生き残った3歳から16歳の4人の子を守るためにも、ニカラグアに戻ろうと思う。だってここでは人を襲うワニを保護するだけ。これではまた同じようなことが起こるでしょうし、そう考えただけでも恐ろしくなるのよ!」

ちなみに今年10月にはインドネシアで、体長6.7メートルのヘビの腹部から衣服を着たままの54歳女性の遺体が発見された。女性はゴム農園に出かけたまま帰宅せず、家族は捜索願を出していたという。

画像は『New York Post 2022年11月29日付「8-year-old boy mauled and beheaded by crocodile in front of his parents」(Jam Press)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)