「イスラエルにガザを占領する資格ない」フランスのスパイダーマンが訴え 命綱なしで高層ビルに登る<動画あり>

Robot Icon

AIざっくり要約

  • フランス人のフリークライマーであるアラン・ロベールさんがイスラエルとパレスチナの戦争を懸念し高層ビルに登った。
  • インタビューでは彼はイスラエルにガザ地区を占領する資格はないと主張し、パレスチナが領土を取り戻すだろうと述べた。
  • ロベールさんは政治的なメッセージを発信する手段として高層ビルクライミングを長年利用しており、世界中の様々な場所で250回以上登録されている。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

「イスラエルにガザを占領する資格ない」フランスのスパイダーマンが訴え 命綱なしで高層ビルに登る<動画あり>

「イスラエルにガザを占領する資格ない」フランスのスパイダーマンが訴え 命綱なしで高層ビルに登る<動画あり>の画像

「フランスのスパイダーマン」として知られるフランス人男性が、イスラエルとイスラム組織ハマスの軍事衝突の終結を願い「平和のメッセージを発信するため」として、命綱なしで高層ビルに登った。この男性はこれまでにも政治的なメッセージを登頂によってアピールしている。今回の登頂はフランスのニュースメディア『Le Point』など多くのメディアで報じられた。テックインサイト編集部では男性にインタビューを行い、彼が意図する「平和のメッセージ」の真意について話を聞いた。


イスラエルとハマスの間で現在繰り広げられている戦争は、パレスチナのイスラム主義勢力ハマスが10月7日にイスラエル国内で行った前例のない流血攻撃によって引き起こされた。報復としてイスラエルはハマスの「殲滅」を誓い、パレスチナ人が暮らすガザ地区を執拗に攻撃している。

今も双方の死者が増え続けているが、「フランスのスパイダーマン」として知られるフランス人フリークライマーのアラン・ロベールさん(Alain Robert、61)は11月6日、イスラエルとハマスの戦争が始まって31日目に「平和のメッセージ」を伝えるため、パリ西部のラ・デファンス地区にある電力会社トタルエナジーズ(TotalEnergies)の本社ビル「Tour Total Coupole」に登った。

蛍光イエローのジャケットに赤いズボン、クライミングシューズを履いたロベールさんは、190メートルの高さがあるビルの179メートルまで到達した。1994年以来、超高層ビルに挑んでいる彼だが、その装備は滑石粉や指先に貼った絆創膏、サージカルテープのみだ。

パリの西側に位置するオー=ド=セーヌ県によると、当日の12時30分頃に「Tour Total Coupole」を登り切ったロベールさんは、他人の生命を危険にさらした容疑で警察に逮捕されたという。しかしその後、検察官によって容疑は取り下げられ、ロベールさんは釈放された。

この登頂によって「平和のメッセージ」を送りたかったというロベールさんは、「世界の主要な指導者たちが集まって、パレスチナとイスラエルの争いを一挙に解決するために、何か行動を起こしたかった」と説明し、「高層ビルに登りながら、パレスチナやイスラエルで爆撃を受けている人々のことを考えていました。ガザ地区では“大量虐殺”が進行中です」と語っていたが、テックインサイト編集部のインタビューでは次のように明かしてくれた。

「現在、まさに辞書に記されている通りの意味の“ジェノサイド”(大量虐殺)が起きていますが、神の目から見ても、そしてシオニズムの面から考えても、もはやイスラエルにはガザを占領する資格はない。今後、パレスチナは領土を取り戻していくでしょう。」

そんなロベールさんは50年以上クライマーとして活躍しており、35年以上にわたり企業とのスポンサー契約を交わしている。ロベールさんが一躍有名になったのは、1991年にロープなどを一切使わない「フリーソロ」に初めて挑戦したことがきっかけであった。1994年以降は、大きなリスクを伴う崖でのクライミングから高層ビルでのクライミングに転向したという。

ロベールさんは30年以上にわたって、ドバイにある828メートルの高さの超高層ビルのブルジュ・ハリファや、エッフェル塔など170~175の高層ビルに計250回ほど登っており、その記録はギネスブックにも登録されている。最近では、2023年4月にフランスの年金改革に抗議するため、パリ近郊のホテルに登った。

高層ビルでのクライミングには難しいケースもあるが、ロベールさんからすれば崖に比べてより安全で「簡単」だという。また、高層ビルに登ることは政治的なメッセージを発信する手段にもなっている。

「私は世界のあらゆることに関心があり、強い責任感を持って伝えるべき政治的なメッセージを送っているのです。クライミングはそのために必要な手段なのです。」

今回のニュースを見た人々からは、「あなたの勇気、自己犠牲、そして人間性に敬服します」、「ジェノサイドに苦しんでいるパレスチナ人への支援のメッセージをありがとうございます」といったロベールさんの行動を称賛するコメントが多数あがっている。

画像は『Alain ROBERT 2023年11月9日公開 YouTube「The 190m Totalenergies building freesolo at 61 . My call for peace in between Israel and Palestine」、2017年6月13日公開 YouTube「the french spiderman climb Sky Melia Barcelona」』『On The Roofs 2016年2月11日公開 YouTube「Shun Hing Tower in Shenzhen」』のサムネイル、『Alain Robert 2023年11月8日付Instagram「reaching the top of the 190m building energy on a very cold and windy day after a big struggle near the top due to the strong wind」』『New York Post 2021年8月12日付「Embrace fear: Free climber scales another London skyscraper」(Yui Mok/PA via AP)』『Metro 2018年5月28日付「Mamoudou Gassam who climbed building in Paris to save child on balcony is declared a hero」(Picture: Habib Bibou/Facebook)』『The Sun 2020年6月19日付「HIGH AND FRIGHTY Heart-stopping moment teenage daredevil pretends to throw himself off 600ft high balcony」(Credit: SWNS:South West News Service)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 H.R.)

関連記事(外部サイト)