山に埋葬された赤ちゃん 息を吹き返して発見される 2か月後に生存を知った家族が名乗り出るも「謎だらけの事件」(中国)

山に埋葬された赤ちゃん 息を吹き返して発見される 2か月後に生存を知った家族が名乗り出るも「謎だらけの事件」(中国)

山に埋葬された赤ちゃん 息を吹き返して発見される 2か月後に生存を知った家族が名乗り出るも「謎だらけの事件」(中国)の画像


山東省済南市の村に住むジャオさんとチョウさんは8月21日、同省莱蕪市近くの山でキノコ狩りをしていたところ、土の中から犬が鳴いているような声がするのを聞きつけた。その声はしばらく聞こえていたが、次第に小さくなりそのうち何も聞こえなくなった。

声がした場所には大きなセメントの固まりが置かれており、「もしかして人間の赤ちゃんが埋められているのでは」と思った2人は集まった友人らとセメントを取り除き、あたりの土を素手で掘り始めた。すると土の中には小さな段ボール箱が埋められており、箱の中には白いブランケットに包まれた男の赤ちゃんが横たわっていた。

男児はまだ息をしており、地元の病院で医師の診察を受けた後、済南市の病院へ搬送されてさらに詳しい検査が行われた。医師は発見当初の男児について「体重が約1542グラム(3.4ポンド)あり、黄疸と貧血が認められたものの先天性の異常はない」と述べていた。また同医師は最近行われた検査の後で「男児の体重は3991グラム(8.8ポンド)にまで増加し、経過は順調だ。親が見つからなかった場合には自分が養子として迎えるつもりだ」と明かしていた。

しかし今月20日、同省泰安市にある新泰市羊流派出所にリューさんという50代の男性が現れたことで、この事件は意外な展開を見せた。男性は「自分は男児の祖父だ。前日にテレビを見て、孫が生きていることを知ってやってきた」と打ち明けたのだ。

地元警察によると、リューさんは次のように語っているという。

「8月に地元の病院で双子の孫が誕生した。双子の兄は健康に問題はなかったが、弟は肺の感染症を患っており自分で呼吸することもミルクを飲むこともできなかった。そのまま治療を継続することはあきらめて男児を家に連れて帰ったが、翌日に息を引き取ったため埋葬した。孫が生きていることは全く知らなかった。生きていると知って、驚きとショックで孫のことが頭から離れない。孫が生きていたことは嬉しく思うが、心を痛めている。」

地元警察はリューさんの主張が事実であるのか調査を開始したが、このニュースには「なぜ自宅に引き取ったのか。医師に最期まで診てもらわなかったのはなぜなんだ」「お墓ではなく、なぜ山に埋めたの?」「自分たちで勝手に死んだと決めつけたのでは?」「なぜもっと早く気が付かなかったのか?」「山に埋めた後、2か月間も放っておいたの?」「疑問だらけの事件だ」といったコメントが寄せられている。

画像は『The Sun 2019年10月21日付「BACK FROM THE DEAD Moment newborn baby buried alive is found BREATHING after being dug up when villagers heard ‘barking noises’」(Credit: AsiaWire)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)