飼い主の目の前で犬がワニに襲われる瞬間が捉えられる(豪)<動画あり>

飼い主の目の前で犬がワニに襲われる瞬間が捉えられる(豪)<動画あり>

飼い主の目の前で犬がワニに襲われる瞬間が捉えられる(豪)<動画あり>の画像


クイーンズランド州北部を流れるワトソン川で今月19日、飼い主の目の前で犬がイリエワニに襲われる事故があった。飼い主が撮影した動画は、同州オールクンにある「オールクン先住民知識センター(Aurukun Indigenous Knowledge Centre)」のFacebookに投稿され、YouTubeでも公開された。

動画では、3頭の犬が川の中で水を跳ね上げながら嬉しそうに遊んでいる。すると突然、水面からワニが現れ、もの凄い勢いで1頭の犬にガブリと襲いかかった。わずか1、2秒ほどの出来事だった。

ワニはあらかじめ狙いを定めていたのだろう。襲われた犬はあっという間に水中に姿を消し、再び現れることはなかった。

飼い主は「ベン!」と犬の名を呼ぶものの、なすすべもなく他の2頭の犬たちに「川から上がれ(Get out)」とパニック状態で叫んでいる。

幸いなことに2頭は岸にたどり着き無事だったが、飼い主は「オーノー! ベニー」と涙声でショックを隠し切れない様子だ。

『Metro』によると、オーストラリア北部に多く棲息するイリエワニはオスの平均全長が5メートル、平均体重は500キロで、爬虫類の中では最大であるという。全長7メートル、体重1000キロの個体も珍しくなく、非常に獰猛なワニとしても知られている。

オールクン先住民知識センターのノエル・ウォーターマン氏は、「犬が襲われたのは満潮時で、ワニがカモフラージュするには好都合だったと言えるでしょう。同じことが2度と起こらないよう、ペットの飼い主は十分に注意することが必要です」と述べ、注意を喚起した。

この動画には「ワニの生息地であることは分かっていたはず。これは飼い主の責任」「飼い主の気持ちを考えるとやりきれない」「犬がかわいそう」「悲しい映像」「ワニ危険というサインがあったのでは?」といったコメントが寄せられている。

画像は『Metro 2019年10月25日付「Monster crocodile snatches dog from water in front of horrified owner」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)