足指20本と手指12本を持つ女性「魔女は家にいろ」と言われ続けて63年(印)

足指20本と手指12本を持つ女性「魔女は家にいろ」と言われ続けて63年(印)

足指20本と手指12本を持つ女性「魔女は家にいろ」と言われ続けて63年(印)の画像


オリッサ州ガンジャム地区に住むクマル・ナヤックさん(Kumar Nayak、63)は20本の足指(19本との報道も)と12本の手指を持って誕生した。家族は生活するのがやっとで、クマルさんは今まで一度も医師の診察を受けたことがなく、近所の人には「魔女だから近づくな」と忌み嫌われながら63年間生きてきた。

多指症は胎児の手指や足指が分離する過程で何らかの問題が生じたために起こるとされるが、クマルさんの周囲では「家に籠っていればいい」「お願いだから外には出てこないでくれ」と考える人がほとんどだという。

クマルさんは「手術をするお金もなく、人々から言葉で虐待を受けるのが嫌で家に引き籠るようになりました。私のことを理解し『あなたは魔女ではない。治療ができるといいのに』と言ってくれる人もいますが、それはほんの一握りに過ぎません。また私の容姿を見るためにわざわざ家に訪ねてくる人もいますが、今の状態が変わることなどないのです」とうんざりしたように語っている。

日本形成外科学会によると、多肢症の発生頻度は手で出生1000人に対して1〜2人、足では出生2000人に対して1〜2人だというが、子供の精神的な負担を考慮して1歳から、遅くても就学前の6歳までに手術をするのが普通だという。

このニュースには、「悲しい。この報道でチャリティー団体が動いてくれるといいのに」「無知であるから起こり得る虐待」「まだ魔女を信じている地域があるなんて」「63歳までこの状態だなんて、学校にも行かなかったのだろうか」「怒りが湧いてくる」「なんとかしてあげたい」といったコメントがあがっている。

ちなみに今年11月には、9本の左足指を持つ男性が21歳で初めて手術を受けて話題になった。両親は多指が幸運をもたらすと信じており、男性はいつも自分は完全ではないという劣等感に苛まれていたそうだ。

画像は『Metro 2019年11月22日付「Woman born with 12 fingers and 20 toes branded a witch by her neighbours」(Picture: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)