頭が2つ、腕が3本、臓器を共有する結合双生児がインドで誕生

頭が2つ、腕が3本、臓器を共有する結合双生児がインドで誕生

頭が2つ、腕が3本、臓器を共有する結合双生児がインドで誕生の画像


結婚して1年半になるマディヤ・プラデーシュ州バソーダ在住のバビタ・アーリワーさん(Babita Ahirwar、21)とシング・アーリワーさん(Singh Ahirwar、25)に今月23日、待望の男の赤ちゃんが誕生した。妊娠35週の検診で医師から双子と聞いて喜んでいた2人だが、誕生した赤ちゃんを見て愕然とした。

赤ちゃんには頭が2つ、腕が3本あり、腕の1本には手が2つ付いていたのだ。『New York Post』によると、医師らは双子が結合していることに気付いていたが、出産まで両親には伏せていたという。

地元病院のスレンドラ・ソンカー医師(Surendra Sonkar)は「双子は臓器を共有しており、私もこれまでに見たことがない非常に珍しいケースです。特に心臓を共有しているため、長く生きることは困難と考えられます。誕生後は集中治療室でケアを受けていましたが、現在はより設備の整った同州ボーパールのハミディア病院に転院し、今後の対応が検討されています」と語っている。

日雇いの仕事をして生計を立てているシングさんは、結合双生児についてメディアのインタビュー応じ、次のように話した。

「医師からは双子と聞いていましたが、産まれてきたのは頭が2つあり、身体は1つしかない赤ちゃんでした。妻は一目見てショックで気を失ってしまったほどです。健康な赤ちゃんを望んでいただけに、今でも動揺しています。本当に信じられない思いです。」

「ただ、双子は私たちの子供です。まだこの腕に抱くことさえできていませんが、双子が生きている限りしっかりと世話をしていくつもりです。私たちには手術をしてやれるだけのお金はありませんし、いろいろ言ってくる人もいますが、現実を受け入れて愛を注いでいこうと思っています。」

ちなみに2017年には、2000年にメキシコで結合双生児として誕生したカルメンさんとルピタ・アンドラーデさんが話題になった。2人はそれぞれが頭、心臓、2つの腕、肺、胃を持っており、当時のインタビューで「分離手術を受けるつもりはない」と語っていた。結合双生児は20万に1組の確率で誕生すると言われ、そのほとんどが短命で分離手術の例が極端に少ないという。

画像2枚目は『Metro 2019年11月26日付「Mum gives birth to ‘rare conjoined twins’ with three arms and shared organs」(Picture: Caters)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)