赤外線ランプを倒し火事を起こしたカメ、救助されるも不機嫌な顔(英)

イギリスで赤外線ランプを倒して火事を起こしたカメ救出 不機嫌な表情が話題

記事まとめ

  • 英エセックス郡のある住居で、煙があがっていると消防署に緊急通報が入った
  • 住人は留守で家にいたカメが赤外線ランプを倒し、そこから発火して火事が起きた模様
  • 消防隊に救助された時に不機嫌な表情をしたカメに注目が集まっている

赤外線ランプを倒し火事を起こしたカメ、救助されるも不機嫌な顔(英)

赤外線ランプを倒し火事を起こしたカメ、救助されるも不機嫌な顔(英)

赤外線ランプを倒し火事を起こしたカメ、救助されるも不機嫌な顔(英)の画像


今月25日のクリスマスの午後4時半頃、英エセックス郡グレート・ダンモウのある住居で火災報知機が鳴り響き、煙があがっていると消防署に緊急通報が入った。消防隊はすぐに現場に駆けつけ、通報から25分後の午後5時頃には全て火を消し終え、部屋の中から1匹のカメが救助された。

消火にあたったグレート・ダンモウ消防署の発表によると、住人は留守で家にいた45歳のカメがスイッチの入っていた赤外線ランプを自らの寝床に倒し、そこから発火して火事が起きてしまったそうだ。しかしこの火事が注目されたのは、消防隊に救助された時に不機嫌な表情をしたカメにあったようだ。

このカメの写真がエセックス郡レスキューサービス(Essex County Fire and Rescue Service)のFacebookに投稿され、「このカメは怒っているように見えるかもしれませんが、この日は彼にとって幸運な日だった」と記されると、ユーザーから次のような意見が寄せられた。

「多分、このカメに赤外線ランプは暑すぎたんだろうね」
「このカメは、自分の悪事を最後まで実行できなかったから、こんな顔しているんだよ」
「僕の兄弟も同じ目にあったよ。カメは自分の寝床を山のように盛り上げ、そこに赤外線ランプが触れてしまったんだ。幸い火事にはならなかったけどね」

実際にこのカメの心情は分からないが、『New York Post』では「怒っているカメはクリスマスの日に家に火をつける」と報じた。

今回は幸いにも被害者が出ることはなかったが、グレート・ダンモウ消防署ではこのように述べている。

「今回の火事により、住居の全ての階に火災報知機を設置することがいかに重要であるかが分かります。不在の場合でもアラートが鳴り響くことによって近隣住民に知らせることができるのです。」

さらに「カメにとっては命を落とすこともなく、とても幸運なクリスマスでした。彼は45歳ですが、火災報知機に救われたことによってこれからも長生きすることができるでしょう」とカメを気遣う一言を添えていた。

画像は『Fox News 2019年12月26日付「‘Angry’ tortoise, 45, rescued after starting Christmas Day house fire in England」(Essex Fire and Rescue)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)