ギャンブルで数千万円失った男性「止めなかった」カジノ側を訴える(カナダ)

ギャンブルで数千万円失った男性「止めなかった」カジノ側を訴える(カナダ)

ギャンブルで数千万円失った男性「止めなかった」カジノ側を訴える(カナダ)の画像


カナダのオンタリオ州ウィンザーにあるカジノホテル「シーザーズ・ウィンザー」と州内のギャンブルを管理監督する「オンタリオ・ロトリー・アンド・ゲーミングコーポレーション(OLG)」が顧客から訴えられ、カジノで負けた分の34万2000カナダドル(約2900万円)に加え、50万カナダドル(約4300万円)の懲罰的損害賠償を求められていることが分かった。

訴えを起こしたのは同州に住むタルウィンダー・ショッカーさん(Tarwinder Shokar)で、2013年10月にシーザーズ・ウィンザーを訪れた際にギャンブルによって34万2000カナダドルの損失を出した責任はカジノ側にあると主張している。この訴訟が最近になってウィンザーの上位裁判所へと手続きがされたことで、メディアが注目している。

もともとギャンブル好きなタルウィンダーさんは訴えを起こす前に、同州の別のカジノ施設「エレメンツ・カジノ・ブランフォード(Elements Casino Brantford)」でもギャンブルによって大金を失っていた。彼はその直後に自暴自棄になって外へ飛び出し、トラックの前に身を投じて自殺を図ったが死に至らず、大怪我をした。

ところがこの怪我により保険会社から莫大な保険金を受け取ることができたタルウィンダーさんは、そのお金で再びギャンプルで運試しをしたくなったという。実はタルウィンダーさん、過去にアルコールに溺れたうえに詐欺で有罪判決を受けており、しかもギャンブル依存症で同州のほとんどのカジノ施設から出入り禁止になっていた。そのため今回は、カジノツアーを専門に扱う旅行代理店経由でシーザーズ・ウィンザーを訪れたようだ。

そして2013年10月17日、シーザーズ・ウィンザーで夕方と翌日午前中の数時間でギャンブルにより7万2000カナダドル(約620万円)を失ってしまった。さらに数日後の昼過ぎに再度訪れて、25万カナダドル(約2100万円)を使い果たしてしまったのだ。

タルウィンダーさんは大金を失った責任はカジノ側にあると主張し、弁護士のイアン・マッキノン氏(Iain MacKinnon)は「我々としてはタルウィンダーさんが衝動を抑えられないほどのギャンブラーで、彼の過去についてシーザーズ・ウィンザーやOLGは警戒するか、もしくは知っておいて止めるべきだった」と訴えた。

またカジノ側はタルウィンダーさんをVIP扱いで出迎え、ステーキでもてなし、アルコールを過剰に提供して必要以上のサービスをすることで彼にお金をつぎ込むように促したと述べ、一度自宅に戻ったタルウィンザーさんにカジノ側が800カナダドル(約6万8000円)のタクシー代を支払うことにより、再度シーザーズ・ウィンザーへ訪れるように促したとも話している。

マッキノン弁護士はこれらのことから「カジノ側はタルウィンダーさんがギャンブルにお金をつぎ込むようにできる限りのもてなしをしていました」と語った。

シーザーズ・ウィンザーとOLGは「タルウィンダー氏は自分がギャンブルで負けた分を取り返したいだけだ」と訴え、訴訟を却下するように裁判所に求めている。そして弁護士を通じて「彼は賭けをするたびに損失のリスクがあることを知ったうえで、いくら賭けるか自分自身で判断して決めていたはずだ」と述べた。

マッキノン弁護士が「この裁判は早くても2020年の年末に始まる予定」と明かしていることもあり、決着がつくのは先のことになりそうだ。

画像は『Windsor Star 2019年12月26日付「Caesars Windsor being sued for allowing gambler to lose at gambling」(DAX MELMER / WINDSOR STAR)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)