治療薬で皮膚が爛れた男性「スティーヴンス・ジョンソン症候群」の壮絶な闘病語る(米)

治療薬で皮膚が爛れた男性「スティーヴンス・ジョンソン症候群」の壮絶な闘病語る(米)

治療薬で皮膚が爛れた男性「スティーヴンス・ジョンソン症候群」の壮絶な闘病語る(米)の画像


米インディアナ州グリーンフィールド在住のジョナサン・レアードさん(Jonathan Laird、38)は現在、注文処理のスペシャリストとして働いている。今は元気そうに見えるジョナサンさんだが、2016年のはじめ頃に「このまま死んでしまうのでは…」と思うような難病を発症した。

当時のジョナサンさんはうつ病を患っており、精神科医から双極性障害の治療薬であるラモトリギンを処方された。ところが薬を服用して1か月後、身体に異変が起きた。唇と喉の奥に痛みがあり、両目はまるでガラス片が入っているかのような不快感があったという。

ジョナサンさんはラモトリギンには副作用のひとつでスティーヴンス・ジョンソン症候群(Stevens-Johnson syndrome)が起こる恐れがあることを医師から伝えられていたこともあり、心配になってすぐに病院へ向かった。その心配は的中し、スティーヴンス・ジョンソン症候群を発症していると診断された。

皮膚粘膜眼症候群とも言われるスティーヴンス・ジョンソン症候群は薬の副作用によって発症するケースが多く、免疫学的な異変が生じて発熱や全身倦怠感などとともに皮膚や目、口腔などの粘膜が爛れて壊死状態になる難病である。

診断後のジョナサンさんは帰宅後に薬の服用をやめたが、その数時間後にさらに症状は悪化し、口の中に50か所もの血の塊のようなものができ、胸や背中に発疹が出始めるとそれが水泡となって爛れていった。ジョナサンさんは再び病院を訪れたところ即入院となり、すぐにワシントン州シアトルにあるハーバービュー・メディカル・センターへと搬送され、集中治療室で治療を受けることになった。

その症状は深刻で、ジョナサンさんの両目は視力を守るため開けらないよう瞼が縫い合わせられ、皮膚が腐り始めて肉が剥き出しになった箇所から感染症を起こさないために豚の皮膚で顔や胸、背中などが覆われた。ジョナサンさんの顔は以前の表情が微塵も見られないほど変わり果てていた。

当時のことをジョナサンさんは「私はあまり覚えてないんです。意識を失っていましたから…。いつも夢を見ている感じで、瞼が縫い合わされていたこともこの時は知らなかったのです」とのちに振り返っている。

ジョナサンさんは集中治療室で11日間過ごした後、熱傷ユニットに移され、その2週間後には縫い合わせていた瞼を抜糸することができた。そして同年の6月に退院したという。ジョナサンさんはスティーヴンス・ジョンソン症候群について、次のように語っている。

「たとえそれが稀な症状だとしても数百万人という人が経験しており、子どもを含む多くの人が克服しています。あなたも万が一、この病にかかったとしても克服することができるのですから。克服した向こう側には強いあなたがいるはずです。」

完全に回復した今のジョナサンさんは自分の経験をブログに綴り、同じ病気を発症した人達へ勇気を与え続けているようだ。

画像は『Metro 2020年1月14日付「Man had eyes stitched shut after rare virus left him burning from the inside out」(Picture: Media Drum World)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)