元「世界一の肥満児」110キロの減量に成功(インドネシア)<動画あり>

元「世界一の肥満児」110キロの減量に成功(インドネシア)<動画あり>

元「世界一の肥満児」110キロの減量に成功(インドネシア)<動画あり>の画像


西ジャワ州カラワンの村に住むアリヤ・ペルマナ君がダイエットを始めたのは2016年、まだ10歳のことだった。5歳頃から1日4回〜6回の高カロリーの食事を大量に摂取し始め、11歳になる頃には同年齢の男児6人分の体重とされる190キロを超え、最も重い時で193キロにまで達した。アリヤ君は次第に呼吸が困難になって通学さえできなくなり、医師から「このままでは死んでしまう」と宣告された。そして11歳だった2017年4月、アリヤ君はジャカルタにあるオムニ病院で巨大に膨れた胃袋を大幅に切除するスリーブ状胃切除術を受けた。

2018年5月のインタビューでは「甘いものの代わりに野菜や果物を摂るようにしているんだ。医師や看護師、栄養士などのアドバイス通りの健康的な生活を維持するよう心掛けて、学校にも通えるようになって嬉しいよ。体重も83キロ減ったよ」と話すなど、アリヤ君はダイエットが順調に進んでいることを明かしていた。

そして2020年1月、アリヤ君は110キロの減量に成功したことを公表し、再びメディアに取り上げられた。引き締まった身体を作る陰の立役者となったのが、2016年から食事や運動のサポートをしてきたパーソナルトレーナー、アデ・ライさん(Ade Rai、49)だった。

ライさんはプロのボディビルダーとして活躍しており、アリヤ君は“アンクル・ライ(ライおじさん)”と呼んで絶大な信頼を寄せている。ライさんの話になると、アリヤ君は「初めて会ったときは一緒にプレイステーションをやらないかって誘ってくれたんだ」と嬉しそうに目を輝かせる。

そんなライさんは今月19日、体重が193キロだった3年半前と、83キロにまで減ったまるで別人のアリヤ君のトレーニングの様子をInstagramに投稿し、「痩せたいという気持ちを失わず、頑張ってトレーニングを続けるアリヤ君には脱帽だよ。それに両親の精神的なサポートにも感謝しているんだ」と褒めまくった。そして地元メディアのインタビューに応じ「アリヤ君は希望の象徴なんだ。みんなが『あの子がダイエットできるなら、私にもできるんじゃないか』って言ってるよ」と笑った。

ただ一時は193キロの巨体だったアリヤ君だけあって、今後は西ジャワ州バンドンのハサンサディキン病院で腕や胸の皮膚のリフトアップやお腹のたるんだ皮膚の切除など、少なくとも2回の形成手術が予定されている。それでも多くの人に支えられて自分に自信を持てるようになったのだろう。来月には14歳の誕生日を迎えるアリヤ君は、実に明るい表情でこう語った。

「体重が減ってとても嬉しいよ。友達と5キロは歩くことはできるし、午後にはサッカーをして遊ぶんだ。一番好きなサッカーチームはイギリスのリヴァプールFCで、ブラジル代表でもあるロベルト・フィルミーノが大好きなんだ。将来は彼のようなサッカー選手になりたいよ。」

画像は『The Jakarta Post 2020年1月23日付「Indonesia’s fattest kid loses 110 kg under Ade Rai’s supervision」(Antara/M. Ali Khumaini/JP/Arya Dipa)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)