「中国では9万人が感染」武漢市の医療従事者を名乗る女性の動画が物議<動画あり>

「中国では9万人が感染」武漢市の医療従事者を名乗る女性の動画が物議<動画あり>

「中国では9万人が感染」武漢市の医療従事者を名乗る女性の動画が物議<動画あり>の画像


今月23〜24日に中国の武漢市で撮影されたと思われる、医療従事者でジン・フゥイ(瑾慧)と名乗る女性の動画が中国国内のみならず世界中に拡散している。『New York Post』によると、女性は武漢市で看護師をしていると伝えており、フルフェイスマスクに防護服を着用した姿で次のように話したという。

「皆さん、私はジン・フゥイと申します。私は新型コロナウイルスが発生した地域で、事実を伝えるためにここにいます。現在、武漢市を含む湖北省、中国国内では9万人が新型コロナウイルスに感染しています。」

さらに女性は、治療を受けてない、もしくは隔離されてない感染者1人につき14人もの二次感染者を出してしまうと訴えている。そのため外出を避けて手洗いなどをしっかりするようにと伝えるとともに、武漢市の病院では使い捨てのマスクや手袋、防護服が不足していることを明かした。

この動画を見た人達は9万人という感染者数に驚きを隠せず、「政府の発表とは数値が違う!」「これ以上広がらないように何とか対策してほしい」といった声があがった。しかし一方で、この動画がフェイクだと主張する人も多数おり、次のようなコメントも見受けられた。

「これは偽物だと思う。この女性、目が下を向いていて原稿でも読んでいるようだ。」
「彼女のマスクは鼻の周りがしっかり防御できていないし、偽物じゃないの?」
「彼女の防護服は武漢市の病院にいる医師や看護師のものとは違うように見える。」

また中国メディアも、この女性の動画は信憑性がないと伝えている。しかし9万人という数値は非現実的とも言えないようだ。『Express.co.uk』ではこの動画を紹介したうえで、英ランカスター大学の専門家が「このまま感染が拡大し続けると2月4日までに武漢市の感染者は19万人以上に達する」と話したことを伝えた。

また今月26日付の『The Guardian』によると、英インペリアル・カレッジのニール・ファーガソン教授が「私の最も有力な推測によると、現在感染者数は10万人に達している」と明かしたという。

拡散されている武漢市の女性の動画がたとえ偽物だとしても、専門家らの発言から今後もしっかりとした感染対策を取るべきだと言えるだろう。

画像は『New York Post 2020年1月26日付「Coronavirus ‘whistleblower’ nurse says China has 90,000 sick」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)